アンドリュー・ロイド・ウェバーの新作「ラブ・ネバー・ダイズ」主題歌に平原綾香を大抜擢!!

20100310090021.jpgミュージカル「オペラ座の怪人」の“続編”とも言うべき「ラブ・ネバー・ダイズ(原題)」(3月10日からロンドンで上演)のタイトル曲を平原綾香が歌うことになった。同ミュージカルの作曲とプロデュースを手がけるアンドリュー・ロイド・ウェバーが指名したという。アンドリュー氏は「素晴らしい日本のアーティストと巡り合えた」と平原を絶賛していた。同ミュージカルは、10日から英ロンドンで開幕した。
「続編ではあるが、前作を観ていない人にも楽しめる内容となっている」と言っていたアンドリューだが、曲についても「登場人物は、前作以上に細かく描いている。そういったことから音楽も、よりストーリーに合わせバラエティーに富んだものを揃えた」と解説、その中で「今回、最も重要な作品を平原さんに歌ってもらった」と言う。
同ミュージカルは今秋、米ニューヨークのブロード・ウエイでの上演は決まっているものの、日本での上演は決まっていない。平原は、日本語で歌っているが、アンドリューは、すでに日本での上演を意識した取り組みをしているのかもしれない。
ところで、アンドリューは、ロンドンにある事務所に平原を招いて作品への参加を感謝した。アンドリューが日本人アーティストを自身の事務所に招いて会うのは異例のことだという。
「今回の作品は、前回以上に難しいもので、人選には苦労したが、平原さんの美しい声によって、素晴らしい作品が完成した。非常に満足しているし、改めてお礼を言いたい」。 
アンドリューから「素晴らしい」と絶賛された平原は「最初は、私に歌えるか心配だった。やるかやらないかも悩んだりしましたが、今は、この作品を歌えることが出来て幸せに思っている」と興奮気味だった。
平原の歌は、3月24日に発売されるアンドリュー・ロイド・ウェバー「オペラ座の怪人2 〜ラブ・ネバー・ダイズ〜」に収録される。