自宅は薬物の“総合商社”だった!!覚醒剤で逮捕の“JAYWALK”中村耕一に事務所もメンバーも甘過ぎ!!

「覚醒剤取締法違反(所持)」で逮捕されたロックバンド“JAYWALK”のボーカル、中村耕一の自宅から、覚醒剤の他、コカインや大麻も見つかるなど、異常な薬物常習者だったことが判明した。現時点では、覚醒剤の使用での再逮捕はないようだが、かなり長期間に亘って取調べを受けることになるだろう。
それにしても、酒井法子はあれだけ叩かれたのに、中村の場合は意外に…。
だいたい、事務所はもちろんだがメンバーが甘過ぎる。「更正して、また音楽業界に復帰してきて」なんて言って、中村の「復帰」を早くも期待したりなんかしている。だからと言うわけではないだろうが、グループの解散もないらしい。ボーカルが逮捕されたんだから、本来なら“解散”じゃなくって“空中分解”なはずだが、そんな解散したり、空中分解なんかしてしまったら、メンバーは食べていけないってことか? だけど、もう、このグループじゃ食べていけないんだから、早いとこ現実を直視すべきじゃないのか?
とにかく、自宅から覚醒剤ばかりか、コカインや大麻まで出てきたってことは、中村の部屋は“薬物の総合商社”である。その薬物を自分が使っているか、そうでなければ“売人”ということも考えられなくもない(吸飲用具も発見され、押収されたらしいから自分でも使っていたことは間違いないだろうが…)。しかし、ここまで揃っていたとなったら、薬物を売りさばいて生活していた可能性だって否定できない。どっちにしても、薬物の入手ルートから何から全てを暴いていくと、もしかしたら、とんでもない「芸能界薬物汚染」に発展する可能性だって十分にある。
いずれにしても、大ヒット曲「何も言えなくて…夏」ではなく、「何も言えなくて…春」になってしまった!? いや、もう、“JAYWALK”には「春」も「夏」も来ないだろう。永久に氷河期かもしれない。作品には責任はないが、中村は、酒井法子の覚醒剤事件や押尾学の合成麻薬MDMAの事件を、どう思って見ていたのだろうか?「自分には関係ない」「自分は捕まらない」とでも思っていたのだろうか? どんな事情があろうとも、理由があっても60歳を目前にした人間の行動としては、ちょっとな情けないと思うが、薬物と言うのは、そういうものなんだろう。
しかし、酒井法子は、あれだけ社会的に叩かれた。異常なほどの叩かれようだった。テリー伊藤なんて、ヒステリックなほど吠えまくっていた。まるで、オオカミのようだった。和田アキ子だって「みんながやっていると思われたら困る」「もう芸能界に戻るべきじゃない!」なんて言い切っていた。それから考えたら、今回の中村の場合は、どう見ても甘すぎる。もっとも、小向美奈子と一緒で、それほど叩き甲斐がないというのもあるのか? 叩いても視聴率に結びつかなければ動力と時間の無駄ってことで、無視しているのかもしれない。でも、中村の場合は、59歳の立派なオヤジ。しかも子供が2人もいる。酒井法子とは比べものにならない。
現在、僕はロンドンにいるから、情報に対して日本との温度差は多少あるにしても、入ってくる情報から判断すると、酒井の復帰が「芸能界は甘い」と言われるんだったら、中村の方が「芸能界は甘い」と思いたくなるのだが…。
いずれにしても、事件が事件である。「残念」だとか、ノー天気なこと言っているんじゃなく、少なくとも、中村を使ってきたメディアは当然だが、事務所の社長やメンバーは、もっと厳しく中村を徹底的に非難すべきである!!