ユーミン「『いちご白書』をもう一度」の題材を提供した音楽プロデューサー前田仁さん死去!!

20100118170302.jpg音楽業界の重鎮が、また1人逝ってしまった。
音楽プロデューサーとして活躍されていた前田仁さんである。最近、連絡を取っておらず、その様子は知らなかったが肺がんで療養していたという。1月15日に亡くなったという。それにしても、まだ63歳である。
前田さんは、早稲田大学を卒業後、就職で受けた商社に入れず、69年にCBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社した。その後、エピック・ソニーに移ったが、ピーター、にしきのあきらに始まり、よしだたくろう(吉田拓郎)、岡林信康、中川イサト、斉藤哲夫、ばんばひろふみ、ふきのとう、山本コータローなど、多くのアーティストたちの歌を世に送り出してきた。音楽業界では「ニュー・ミュージック」というジャンルを最初に築いたのが前田さんだった。
前田さんで、よく聞く話が荒井由実(松任谷由実)が作り、バンバン(ばんばひろふみ)が歌って大ヒットした「『いちご白書』をもう一度」だろう。この作品は、早大での紛争を経験した前田さんの提供した素材をもとにユーミンが作り上げたものだったと言う。
エピック・ソニーを退社した前田さんは、85年にポリドール(現ユニバーサルミュージック)に入社し、取締役邦楽本部長に就任した。ポリドールでも多くのヒット曲を作り上げたが最後はスピッツだったかもしれない。ポリドールを辞めた前田さんは、スピッツや浜田省吾らが所属するロードアンドスカイなんかの出資で、「ジングル・プラス・エンジェル」という新しいレコード会社を設立した。96年のことだ。前田さんに誘われて、僕の知り合いも何人か、その会社に入った。
その頃、毎週、何度か前田さんとは会って、お茶をしたり食事をしたりしたが、ヒットが生まれなかった。確か、現在は俳優としても活躍中の藤重政孝なんかをやっていたような…。その後、このレコード会社も消滅し、前田さんはフリーに転じたが、そこは「名物プロデューサー」である。業界内では知られていただけに、何だかんだと頑張っていた。
しかし、聞くところでは、体調が思わしくなく、ここ数年は、思い切った仕事が出来なかったそうだ。肺がんが発見されてからは入退院を繰り返していたといい、手術も何度かしていたという。壮絶な闘病生活だったようだ。
通夜は1月20日、葬儀・告別式は21日に東京・西五反田の「桐ヶ谷斎場」で行われる。