衣装というよりセット!! 小林幸子の「紅白」のテーマは“歌力”ではなく“衣装力”だった!?

holiday-P1020502.jpgそれにしても、毎年毎年、よく考えるものである。ただ、今年の小林幸子はちょっとキモイ感じだった。しかし、これは、もはや衣装と言うより電動式のセットである。
「第60回NHK紅白歌合戦」で、小林幸子が歌うのは「万葉恋歌 あぁ、君待つと」。正直言って、この曲は知らなかったし、当然だが聴いたこともなかった。そう考えると、僕として何で、こんな選曲になるのかもサッパリ分からない。結局、小林幸子の場合は、歌で出場しているのではないのだろう。だから、何を歌うかではなく、どんな衣装(セット)で登場するかである。今年の「紅白」は、”歌の力”をテーマに据えているのだが…。
しかし、今回は、どこに小林幸子がいるのか分からない!?
それにしても、こんな衣装(セット)は、「紅白」の出場が発表されて1ヶ月程度で立案から制作まで出来るはずがない。小林自身とスタッフは、おそらく1年がかりで考えているに違いないのだ。ってことは、NHKと小林との間には、何らかの“密約”があるに違いない。万が一“落選”なんてことになったら、どうするんだろう…。
それにしても、ここまでの衣装(セット)を持ち込むだけでも大変である。

Comments are closed.