“メモリアル紅白” でトップから転落か!? ボクシングWBC視聴率が43.1%、最高瞬間51.0%

「紅白」を超えた!!
今年の視聴率トップは、第60回目の“メモリアル紅白”ではない可能性が高まってきた。
29日の夜、TBSで放送した「ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 vs 亀田興毅」の視聴率が、何と43.1%だったことが分かった。最高瞬間視聴率は、亀田が判定で勝利し、二階級制覇を達成した瞬間(21時20分)で、51.0%の高視聴率となった。
TBSによれば、平均視聴率43.1%というのは、現時点では09年放送された全局前番組中のトップ。片山譲治プロデューサーは「正直驚いた。内藤選手と亀田選手がクリーンな名勝負を繰り広げた結果、それが視聴者の方々の心に響いたのでは…」とのコメントを出した。
しかし、この高視聴率は全国的なものだった。ビデオリサーチによれば、関西地区でも43.1%で、東海地区は39.1%、北海道地区に至っては50.6%にも達した。
因みに、2002年に放送したWBCが50.8%だったそうで、それ以来の視聴率と言うことになる。さすがに、「紅白」も、この数字を超すのは至難の業だろう。例年、年間トップの座を独占し続けてきた「紅白」も、60回目の”メモリアル”で、トップの座から転落してしまう可能性が出来てきた。