年内に中国圏でも翻訳発売が決定!! 著書「酒井法子 孤独なうさぎ」に力強い助っ人…。

holidayblogP1020143.jpg著書「酒井法子 孤独なうさぎ」が発売されて早1ヶ月。その間に、酒井法子の判決も出だが、本の方も出版元の双葉社によると予想を上回る売れ行きだという。
すでに中国圏での翻訳出版も決まり中国・北京にある「光明書架図書有限公司」とも契約が成立、年末発刊されることになった他、台湾の出版社からもオファーが来ているという。ここにきて、国内以上に中国本土はもちろんだが香港や台湾などでも盛り上がり始めているというだけに、改めてアジアでの“のりピー人気”の高さを実感した。
そして…。今度は、その著書「酒井法子 孤独なうさぎ」に、思わぬ応援団が…。何と、俳優の吉川銀二と音楽プロデューサーで“X JAPAN制作運営管理委員会”の重鎮でもある月光恵亮さんが“宣伝”を買って出てくれた【写真】。…と言って、何をしてくれるのかと言われると、よく分からないが、月光さんは「YOSHIKIでも、こんなことはしたことがなかった」と言っていた。
ところで、銀ちゃんは、言わずと知れた大物俳優。タレントの羽賀研二が逮捕された際は、一緒に捕まったが、その後、不起訴処分になっている。それだけに、のりピーと銀ちゃんでは繋がりもないのだが、今回は「本の内容がよかった」と、珍しく褒めてくれた。
それは月光さんも同じだが、月光さんは、かつて長戸大幸さんと音楽制作会社「ビーイング」を設立し、副社長を務めていたこともある人。サウンドプロデューサーとしてラウドネスやBOφWY、BLIZARDなどを手がけた。その後、ビーイングを辞めて新たな音楽制作会社「パブリックイメージ」を設立し、ZIGGYやリンドバーグ、田村直美、松田樹利亜。さらには氷室京介などをプロデュースしてきた。最近は、前記した通り、X JAPAN制作運営管理委員会で、X JAPANのライブなどを手がけている。こうしてみると、銀ちゃんにしても月光さんにしても全く酒井法子とは縁もゆかりもないが、ま、何でも都合のいいことは「利用する」のが、この業界である。「応援してくれる」っていうんだから、ここは、その好意をちゃんと受けなきゃ損だろう…。