千葉・勝浦市の“ピンクハウス”火災は高相自らの犯行か?それとも口の軽い高相への脅しか!?

覚せい剤の使用では「あぶりもやった」と自白した酒井法子だったが、千葉県勝浦市にある別荘――通称“ピンクハウス(のりピーハウス)”が火あぶりにされてしまったことは皮肉な事件である。
20日未明の火災が「放火」だったことは明らかである。現場付近では、放火と思われる火事が3件続いていたというが、今回の「別荘」の火災は計画的な放火だったと思われる。
地元では「証拠隠滅」と言う声もあるようだが、考えようによっては、酒井法子の夫で自称プロサーファーの高相祐一が自ら手を下したことだって考えられる(高相自らでなくても、高相から依頼された第三者ということもある)。この「別荘」については当然だが、捜査当局によって徹底的な家宅捜索が行われている。しかし…。もしかしたら、それでも発見されていない事実が隠されていた可能性もある。もし、そうだとうしたら、高相自ら夜討ちしてしまったことだって不思議じゃない。疑ってもいいだろう。そうでなくても、事件以来というもの観光スポットになって、見せ物になっているわけだし、高相としては居た堪れなかったことだって考えられる。
高相が関わっていないとしたら、覚せい剤の売買に絡んだ闇社会の脅しだ。
今回の事件では、酒井は「肝心なことは喋らなかった」と言われているが、高相は、口が軽かった。しかも、高相の携帯電話の履歴からも捜査が行われたそうで、そのために暴力団関係者が何人か逮捕されたとの情報さえある。酒井が、携帯を壊して、どこかに処分してしまったのとは大違いである。事件を明らかにすることは重要だが、覚せい剤のルートに関わることは、そう簡単な問題じゃない。そういった意味で高相は、チキンハートだったのか? とにかく「喋り過ぎた」と言われている。となると、来月の裁判に向けて、闇社会の何者かが脅しのために別荘を燃やしたという可能性もある。
いずれにしても、何も意味もなく、あの別荘が放火されるとは考えられない。もっとも、いつの間にか、別荘の壁に落書きもされたが、今回の場合は、家の中に侵入して、家の中心部から出火しているという。今や注目度の高い別荘を狙っているのに、何と余裕を持った犯行か? いくらなんでも、普通の人間に、ここまで落ち着いて放火が出来るものか?これは明らかに、プロの慣れた者の手口である。そうなると、これから裁判までの1ヶ月というのは何が起こるか分からないということにもある。