小倉、眞鍋ら所属プロの実質オーナー牧野昌哉が「法人税法違反(脱税)」容疑で逮捕!!

「ゆうこりん、困りんこ!怒りんこ!」
約11億5000万円の所得を隠し、法人税約3億4000万円を脱税したとして「法人税法違反(脱税)」の容疑で告発されていた芸能プロダクション「アバンギャルド」(東京・目黒区、現・市エステートコーポレーション)の代表取締役社長・牧野昌哉が東京地検特捜部に逮捕された。正直言って「ようやく逮捕されたか」といった部分もあるのだが…。
「アバンギャルド」には、小倉優子の他、先ごろ、衆議院選挙で静岡7区から保守系無所属で立候補している城内実氏の後援会ポスターに写真が使われ、大騒ぎになった”ブログの女王”の眞鍋かおり、藤崎奈々子、浜田翔子、折原みか、山川恵里佳などが所属していた。
この「アバンギャルド」は牧野社長の父親が役員を務める芸能事務所の「マテック」などからタレントを移籍させるために「多額の移籍金を支払った」と、経費を上乗せしていたと言う。要するに家族ぐるみで「経理操作」を行い脱税をしたというのである。しかも、その額が多かった。約11億5000万円もの所得を隠し、法人税約3億4000万円を脱税したのである。このため東京国税局は同社と牧野を東京地検に告発していた。
昨年の2月頃に東京国税局が査察に入って、1年がかりで脱税額を確定した。その間に、アバンギャルドは、新会社「アヴィラ」と合併するなどし、所属タレントはそのままにプロダクション組織だけを変えてきた。「アヴィラ」の現在の社長は原徹氏だが、どんなに社名や組織を変えても、プロダクションの実質的な運営者は牧野であることは明らかだった。
それにしても、往生際が悪いのか、脱税について牧野は容疑を否認しているらしい。しかし、個人的な旅行代金まで経費として処理されていたというから、何から何まで公私混同だったことは明らか。とにかく、複数のペーパー・カンパニーを使い、架空の取引を繰り返す手口で経費の水増しを図っていたとも言われる。
都内にマンションを買いまくり、“ジャガー・オタク”の牧野は、自宅に10台以上のジャガーを所有していたとも。しかも、性格はワンマンで、タレントの仕事のチェックも小まめで、ギャラ交渉も牧野が自ら行っていたと言われる。そればかりか、社員にもうるさく、どんなことがあっても深夜まで事務所で働かせ、最終電車まで帰さなかったとも。まるで、スパルタ・プロダクションである。また、タレントも辞めようとしたら「邪魔をする」のは日常茶飯事。「所属タレントのストレスも限界に達していた」そうで「眞鍋は、弁護士を立てて事務所をやめようと試みていた」(ライバルのプロダクション関係者)とも言う。ある、グラビア・タレントなどは「もう、芸能界をやめて、実家に戻ろうかな」なんて嘆いているほどである。
いずれにしても、その牧野も逮捕され、これからは裁判で争うことになる。最高裁まで争うことになるだろうが、脱税額も多いだけに、懲役3年以上の実刑は間違いないだろう。牧野が、裁判で争っているうちに、もしかしたら事務所内でタレントが反乱を起こして続々と独立…なんてこともあるかも。