巧妙な架空請求メール!? 「ニッキョウの永井」から“法的手段による30万円の違約金請求”

2009/07/29  13:06
nikkyo-lcp@docomo.ne.jp

【重要通達事項】
ニッキョウの永井と申します。

弊社は総合情報サイトを提供しておりますレイテックより利用規約違反又は、不正利用に至ったお客様のデータベースの抹消、退会事務手続きを受託し、この通達を発行いたしております。

貴殿の携帯端末より以前ご登録されました総合情報サイトにて無料お試し期間内での退会手続きが確認できておりません。

登録後、長期放置状態となっており、規約違反に該当する為、現在、利用規約第三条二項に基づき、不正利用者データベースに貴殿の携帯端末情報が登録、開示されている状態でございます。

これ以上現在の状態が続きますと利用規約第四条一項に基づき法的手段による三十万円の違約金請求となりますので、ご理解のほどお願い致します。

退会処理、データベースの抹消手続きについては、下記番号へ翌営業日までにお問い合わせ下さいます様お願い致します。

ニッキョウ
ご相談窓口:03-6457-7398
受付時間:10:00〜20:00
土曜日:10:00〜18:00
日曜日:定休日
担当者:【永井】
(電話番号は、お間違いのないようご注意下さい。)

こんな、メールが携帯に届いた。
「!?」
突然に、こんなものを貰っても思い当たることがない。一体…。
だいたい、この「ニッキョウ」って何の会社なんだ!? 早速、ネットの検索で調べると…。
何と、この「ニッキョウの永井」というのは、「架空請求書」の“送信魔”らしいのだ。いやいや、単純だが、実に巧妙である。こんなメールを貰ったら…。冷静に考えれば「法的手段による三十万円の違約金請求となりますので、ご理解のほど」って何なんだと思うのだが…。
やっぱり「ドキッ」と思って、携帯で電話しちゃうのが危ないのかもしれない。早速、電話番号の前に「184」を加えて電話したら、やっぱり…。「電話番号を通知してかけてくれ」だって。注意一秒、怪我一生である。それにしても、「相手にするな」とか言う前に、オレオレ詐欺や振込み詐欺などの犯罪が多発する中、こんな輩を野放し状態にしていること自体、実は不思議なのだが…。