8月30日総選挙に日テレ系列局が真っ青!!「24時間テレビ」で中継車もスタッフも余裕なし!?

優柔不断な麻生太郎が、ついに衆議院の解散を決意した。首相官邸で開かれた自民党緊急役員会で、7月21日に解散することを決めたという。公示は8月18日で、投開票は8月30日とする方針だとか。
きのうの都議会選挙での惨敗で、表面上は「国政には関係がない」と言いつつも、自民党内では、麻生下ろしが激化することは間違いがなかった。このままでは、麻生は歴史に残るピエロになってしまう。
ところで、この政治的な流れに、頭を抱えているのは、何といっても日本テレビだろう。いや、日本テレビは、8月30日の総選挙だけは避けたいはずである。8月30日投票日は、創価学会・公明党に気を使った麻生・自民党の最終的な決断だろうが、もしかしたら、読売新聞社グループのドン、渡辺恒雄かなんかに頼み込んでいるかもしれない。「何とか、投票日を前倒しにするか、9月にならないか」と。
8月29、30日は、言うまでもなく日本テレビの偽善番組「24時間テレビ32・愛は地球を救う」の放送日。日本テレビ系列が総動員しての年に一度の“お祭り日”なのである。このため全国の系列局も、限られた予算の中で局員やアルバイトを総動員して、番組や募金集めに当たるのだ。それは、日本テレビも同じ。メーン会場の東京ビッグサイトや恒例のマラソン以外にも各地でイベントを行うし、チャリティーだから募金集めもしなければならない。そして、主要ポイントには中継車やスタッフも総動員する。
「正直言って、マラソンの中継だけでも大変だし、大量のスタッフを動員しなければならないのに、そこに総選挙があったりなんかしたら、もう人員の配置が出来なくなります」。
そんなことは、日テレ以上に、財政難に陥っている系列局の方も同じだ。「総選挙と重なったら、もう、対応できない」と悲鳴を上げる局まで出ている。
「今回の総選挙は政権交代が叫ばれているだけに、今まで以上に中継車やスタッフの配置を増やさなければならない。大物議員の落選もあるでしょうから、これまで以上に各所の選挙事務所をカバーする必要があるんです。人と金を投入しての総力取材が重要になってきます。もちろん出口調査もあるし、これは大変なことになります。正直言って、中継車さえ足りなくなります」(日テレの制作スタッフ)。
中には「こりゃ、40時間テレビになってしまう。死者が出ますよ」なんて声まで。まあ、中継車がなければ、テレビ電話もあるし、何とでもなるだろうが、それじゃ、他局に対抗できなくなる!?
いずれにしても、今年の「24時間テレビ」は、経費節減だけでも制作現場は四苦八苦していることは明らか。だいたい、日テレだけでも今年度は制作費200億円削減なんて叫んでいたわけだから、なお更である。そんな時に、総選挙なんて言ったら、それこそ予算がどれだけ増えてしまうことやら、こればっかりは想像がつかない。考えるだけで頭が痛くなるかもしれない。こうなったら、「創価学会」と「幸福の科学」にお願いして、CMを増やしてもらい番組制作費を捻出するしかない!?
いずれにしても、8月30日に総選挙だった場合、NHKを除いた民放局の「総選挙特番」では日テレが一番、信頼度が低くなることは間違いなしだ。もしかしたら、テレビ東京以下だったりして…。