【緊急連載7】マイケルは“少年虐待疑惑”のプレッシャーから鎮痛剤を服用“薬物中毒”に陥り世界ツアーは打ち切り!!

93年年末。13歳の少年ジョーダン・チャンドラー君に対する性的虐待容疑で世界のスパースター、マイケル・ジャクソン(当時35歳)は逮捕秒読みとなった。マイケルは、疑惑のプレッシャーから鎮痛剤を乱用、何と”薬物中毒”に陥ってしまった。この結果、世界ツアーは打ち切られた。
 マイケルは、親友のエリザベス・テーラーに付き添われ、メキシコシティーからロンドンに飛び、チャーター・ナイチンゲール診療所で治療を受けることになった。その間、被害者のジョーダン君は4ヶ月に亘って性的イタズラを受け、ロス市警には「マイケルのペニスに特徴があった」と話した。
 このためマイケルは、警察に裸にされ身体検査をされるとも報じられた。「マイケルは身体検査に怯え、証拠隠滅を図るため性器の整形手術を受けているとも噂されました」(関係者)。
 どうやら、マイケルのペニスは事件のカギを握る重要な”証拠物件”になりそうな気配に…。「マイケルはホモで女性を殆ど知らないから包茎ではないか」とか「右か左に曲がっているのではないか」と言った憶測が業界を駆け巡った。もっとも、真相は闇の中だったが…。
 ツアー中止後、ロンドンで療養生活を送っていたマイケルが米カリフォルニア州南部にある自宅に戻ったのは93年12月中旬だった。
性的虐待疑惑で窮地に立たされたマイケルだったが、弁護士の助言に「無実を証明するために帰国した」ものだったが…。(つづく)

Comments are closed.