前代未聞 !! 浜崎あゆみ写真集の無許可ゲリラ・イベントでエイベックスなどに家宅捜索の怪

東京・南青山のエイベックスに家宅捜索が入った。浜崎あゆみがゴールデンウイーク明けに、東京・渋谷の109前で行った写真集の発売を巡って、道路使用許可を取らずに記念イベントを行ったことから、警視庁渋谷署が道路交通法違反(道路不正使用)の疑いで家宅捜索を行っているというのである。
渋谷署では、大勢のギャラリーを集めることで、通行人や車など交通に影響を与える可能性があったのに「道路使用許可を得なかった」としている。まあ、イベント自体が「計画的犯行だった」と言いたいわけだ。まあ、それだけのイベント、打ち合わせなど準備もあるわけで、計画的だったことは当たり前のこと。そんなもの、無計画に突然出来るわけない!! しかし、だからと言って、道路使用許可を渋谷署に出したところで許可なんて下りるわけがない。イベントをやる以上、どっちにしても「道路交通法違反」容疑になった可能性は大きい。ただ、関係者は、やったもの勝ち。簡単に考えていたに違いないけど。
しかし、今回のゲリラ・イベントは、浜崎が「新しいスタイルで、みんなが驚くことをやりたい」と、言い出したことから、浜崎自らの“案”で企画されたと聞く。だが、思うに裏では、ピーチジョンのミニスカ社長.野口美佳あたりが、浜崎に何らかの打ちしていた可能性が大と考えられる…。そういった意味じゃ、今回はピーチジョンにも家宅捜索が入っても不思議じゃないと思うが、何故だか入らない。ライブドアの時もそうだったが実に、要領がいい。
しかし、それにしても、この程度の容疑で家宅捜索というのも理解できない。しかも、エイベックスばかりではなく関連会社や、噂では松浦勝人社長の自宅にも家宅捜索が入ったという。松浦社長の自宅って一体、どこに入ったのかは不明だが、だったら、やっぱりピーチジョンの野口もだろうっていう話だ。まるで、民主党の小沢と自民党の二階の捜査みたいだ!?
いずれにしても、無許可だとしても、単なるゲリラ.イベントに家宅捜索が入ること自体、前代未聞である。しかも、エイベックスは一部上場の会社である。いくら「イベント開催の経緯などを把握するため家宅捜索に踏み切った」と言っても、家宅捜索をするものなのか?因みに、同イベントは、浜崎の単行本「Ayuのデジデジ日記2000―2009A」(講談社)の発売を記念して5月7日に行った。渋谷109前には、浜崎の登場とあって8000人が殺到して大混乱となった。また、この日の浜崎はHMVやツタヤ、タワーレコードなども訪問するなどしてイベントを盛り上げた。ある事務所関係者は
「うちも、いろいろイベントを無許可でやって、大なり小なり警察とは揉めてきたが、家宅捜索まではなかった。そういった意味から言うと今回は異常というしかない」。
10年ぐらい前に、逮捕者が出た、郷ひろみの新曲発売ゲリラ・イベントでも当時、ソニー・ミュージックに家宅捜索が入ったなんて聞いたことがなかった。そうなると、今回は、浜崎の無許可イベントの家宅捜索なんて言いながら、エイベックスを家宅捜索して別に何か捜査したいものがあったのか? 
今回の一件は、実は奥が深そうだ。