“森田健作批判”で明け暮れている間に…堂本前知事と二人三脚だった千葉市の鶴岡市長が収賄で逮捕か!?(5)

社民党や共産党の県議が、千葉県知事選で当選した森田健作に因縁をつけている間に千葉市の鶴岡啓一市長が収賄の疑いで、警視庁の事情聴取である。おそらく、今日か明日にも逮捕だろう。鶴岡市長は、土木建築会社「東起業」(東京都江東区木場)から便宜を図った見返りに現金提供を受けていたというのだ。もちろん、鶴岡市長は「根も葉もない話」と否定していた。
一部の県議が「完全無所属で出たのは問題だ」と騒ぎ立てているが、実は、こういった千葉市長の“利権構造”にはフタをしてしまっていた…。要するに、千葉県の実情が露呈してしまった格好だ。だいたい、鶴岡市長なんて、森田が当選した途端に、“反森田”に便乗して、森田のリニアモーターカー構想を批判していた。土木建築会社から現金提供を受けていながら、自分が拘わらない事業に関しては批判をする…。まさに、“利権”が渦巻く千葉県を象徴するかのような出来事である。そういった意味でも、森田には“利権からの決別”を訴えてもらいたいところだ。
それにしても、こういった“利権構造”が蔓延している千葉の県議と言うのは、県民とか何とか言いながら、自分たちのことしか考えていないってことだろう。本来なら、県知事に当選したばかりの森田のアラ探しばかりしていないで、鶴岡市長のような収賄や汚職を探し出し、告発すべきだろうに。それが、そういったことは全く無視、知らん顔をしておいて、自分たち都合だけで騒ぎを起こす。単なる“愉快犯”のやることである。まあ、「正義」を標榜する輩と言うのは、大抵が頭の中は常に自分たちの“利益”しか考えていないような連中なのかもしれない…。
しかし、鶴岡市長と言うのは、2期目の市長。…ということは、堂本暁子前知事と一緒である。2期に亘って二人三脚で千葉県を好き勝手にしてきたとも言える。そして、堂本が出馬を断念したのと同じように…。やっぱり、同じ穴のムジナだったに違いない。その堂本県政を引き継ごうと出馬したのが吉田平だった。やっぱり、森田が県知事になったら都合の悪いことがあるのかもしれない…。ここは、改めて堂本県政をチェックすべきだろう。まあ、どっちにしても、森田批判を展開するしか能のない県議やメディアは、自分たちに都合の悪いことは、何だかんだ言い訳して、知らん顔に違いない。