藤原紀香と陣内智則の電撃離婚の原因に“吉本アイビス族”による六本木カラオケボックス合コン疑惑浮上…

藤原紀香から離婚を突きつけられ結果的に男を下げた陣内智則は、今や、お笑いのネタにもならない。
ところで、今回の紀香との離婚の原因は“アイビス族”(東京・六本木の吉本興業指定宿泊ホテル「ホテルアイビス」)たちの六本木カラオケボックス“合コン”にあった!?
陣内との離婚について、紀香の母親・里美さんは、マスコミに出まくり「原因は、陣内の女好きにあり」と吠えまくっていた。これは一体…。そこで離婚の真意を探ったところ、そこには、何と吉本興業のお笑い芸人たちが決まって宿泊している「ホテルアイビス」――いわゆる“吉本アイビス族”の存在が急浮上してきた。
関係者の話を総合するとこういうことだ。
ケンドーコバヤシ、麒麟田村、ムーディー勝山、ネゴシックスらが主催する「六本木パセラ」での“合コン”に陣内が参加していたとの情報が入って来たのである。時期は昨年1月、その時に参加したお相手は“追っかけ”のネエちゃんたちだったが、こういった飲み会に参加していたという時点で「もう紀香との関係に赤信号が点灯していた」というのである。
紀香の母親・里美さんの話では、陣内が浮気した時期は昨年の夏頃とコメントしている。やはり“吉本アイビス族”とのカラオケ合コンは断りきれなかったのか?あるいは、この“合コン”に、紀香を連れて行っていれば、今回のような“離婚劇”といった事態は避けられたのかもしれない。
いずれにしても、今回の離婚の真相はやはり陣内智則の気配り不足にもあったのかもしれない。