日本シリーズの札幌・HTB中継は52・5%、瞬間最高は73・5%(続報)

26日の「プロ野球日本シリーズ・日本ハム対中日・第5戦」(札幌ドーム)の視聴率は、関東地区で25・5%だったが、日本ハムの地元・札幌地区では、驚異的な数字を記録した(ビデオリサーチ調査)。ナナナント、札幌地区では、同試合中継の18時4分~21時54分で52・5%を獲得した(占拠率67・7%)。放送した北海道テレビ(HTB)は同局の歴代最高視聴率を大きく更新した(同局の2位は02年日韓W杯サッカーの日本×チュニジア戦の44・5%)。さらにビックリは瞬間最高視聴率。日本一が決まった後、ヒルマン監督がMVPの稲葉選手と抱き合った21時40分過ぎに73・5%を記録した。また、新庄剛志の現役最後の打席となった21時18分過ぎには60%台。日本一が決定し新庄選手が感涙しながら森本選手と抱き合った場面では68・5%に達し、その後勝利を分かち合う21時30分過ぎには70%に達し、21時40分過ぎに最高の73・5%、そのまま番組終了まで70%台を維持した。因みに、関東地区の瞬間最高は43・5%(21時34分)、名古屋地区(メ~テレ)は平均31・4%で瞬間最高43・8%(20時56分)だった。