芸能人専門AVレーベル「MUTEKI」がレーベル名変更するも第1弾が月見 栞とはタマが弱すぎ!?

10033186.jpgマスコミから騒がれてスタートしたものの意外に盛り上がらなかったのが、芸能人専門のAVレーベル“MUTEKI”だ。昨秋9月に第1弾の三枝実央からスタートした。芸能人といっても、知名度がなく、過去過ぎるタマだったが、中身がハードだったからか、ある程度売れたようだ。しかし、期待を裏切ったのが、第2弾の吉野公佳。マスコミも「吉野がついにAVデビュー」と大騒ぎしたが、いつの間にか“イメージアダルトビデオ”なんて言い方になって、中身は…。世のAVファンを裏切ってしまった。
その後、第3弾・佳山三花、第4弾・小桜セレナ、第5弾・藤浦めぐ、第6弾・風子と続いたが、何かピンとこない。何か、過去と現在が入り混じり、しかも、現在は“着エロ”上がりのタレントばかり。さすがに、AVファンもシラケてきたに違いない。
しかし、ここにきて、一時は小向美奈子の名前が出てきたり、あるいは、川村ひかるの名前が出てきて「もしや…」と、期待させたが、その期待は見事に打ち砕かれた。
その結果、「MUTEKI」レーベルは、第7弾から、早くも新レーベル「MUTEKI EXCHANGE」に変わることになった。で、その記念すべき第1弾(実際には第7弾)が、月見栞なんだとか。「?」。一応、グラビア・アイドルって言っているが、実際には「着エロ」。現役の慶大生らしいが、慶大生のAV女優は案外多い。かつて「涼木もも香」なんていた。涼木もハイテンションの子だったが、月見もテンションが高いらしい。しかも、身長が170㎝で、サイズは上から89−58−88のFカップだとか。乗馬が趣味らしいから、ウエストが引き締まっている? しかし、誰かと思っていたが、何故か、彼女の写真を撮っていたからビックリ。しかも、昨年…。すっかり忘れていた。そういった意味で考えると、心機一転スタートするレーベルとしちゃ、「知る人ぞ知る」っていう感じのタレント?で、ちょっとタマが弱すぎないか? しかも、内容は「未経験にチャレンジ」と言っているが、この言葉、どんな内容のビデオにも当てはまるから、思わず「またイメージアダルトビデオか?」となってしまう。3月28日発売らしいけど、現時点では期待薄か!?