オリコンがランキングで新サービス!! 週間CDチャート等をデイリーで細かく発表!!

holiday-P1010530.jpgオリコン㈱の子会社「オリコン・リサーチ」が、ランキングの新サービス「ORICON BiZ online」をスタートすることになり25日午後、東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京で発表会が行われた。この新サービスは、これまでは週間で発表してきたCD、CVD、さらには書籍のランキングを、3月3日から毎日――デイリーで発表していこうというもの。これまでも、もちろんデイリー・チャートは発表していたが、今後は毎日、売上げの推定枚数を算出していくのだと言う。しかも、CDの調査協力店を現在の3020店を4070店にアップするとも。それだけではない。新ランキングでは、データを47都道府県別、流通形態別にも出していくというから、細かい部分まで全てのデータが開示されるというわけだ。いやいや、毎日の作業が大変だ。それこそ24時間体制で作業するようになるんじゃないだろか…。
オリコンの、新サービスに対して、山野楽器・山野政彦社長CEOは「音楽文化の発展がない限り、日本の文化の発展はない。パッケージの発展なくして音楽文化の発展はない」と、新しいデータ・サービスに期待を寄せた。
また、オリコンの小池恒社長も「データ面から音楽業界の発展をバックアップしていきたい。データ面での拡充を図ることでCDやDVDのヒット作りに貢献していきたい」と意欲を見せていた。
それにしても、会場には500人を超える業界関係者が詰めかけるなど、業界内での関心の高さを証明した格好だった。もっとも、膨大なデータを、どう使いこなせるかが、大きなポイントとなってくる。しかし、CDやDVD、さらには書籍なども含めた細かいデータがデイリーで出てくると言うのは、まさに音楽業界のマーケティング部門をオリコンが担うようなものである。