テレビに出まくる参院議員・山本一太は何とかならないか? 次期総理はやっぱり福田康夫に!?

“ポスト小泉”の有力候補の安倍晋三の大応援団を標榜しているのが山本一太・参院議員だ。驚いたのは、「チャレンジャーに捧げる詩」なんて応援曲まで作っちゃって、自慢げにテレビで歌ったりしていた。まさか「CDを出したい」なんて、レコード会社に訴えてはいないだろうけど…。現在、48歳だっていうんだけど、異常な目立ちたがり屋。いや、政治家というより、すっかりタレント議員にでもなった気分かも…。
去年の衆院選では、参院からのくら替えまで狙った。山本は、来年の参院選では「自民党公認」が決まっているが、選挙区の群馬県は4人区から2人区に定員が削減される。ってことは、来年の改選組は定員1人になってしまう。つまり、民主党から出馬する角田義一と争うわけだが、どちらかが失職する。まあ、そうなれば山本は厳しいだろう。だから、選挙を意識してテレビに出まくって、総理・総裁として最も有力視されている安倍の神輿を担ごうって魂胆だ。しかし、もう1人の総理.総裁候補である福田康夫は、群馬県出身。当然、群馬県の住民からは
「地元の福田を応援するのが筋」
ってことになる。そりゃそうだろう。福田赳夫、中曽根康弘、そして小渕恵三と、これまでに3人もの宰相を輩出してきた群馬県としては、4人目の総理を出すのは悲願なのだ。「県民全体が盛り上がっている」っていうではないか。それでも、一度、振り上げてしまったコブシを下ろすことの出来ないのが山本だ。いまや血迷ってしまっている。血迷った挙句、あれだけ、自衛隊のイラク派遣を訴えていながら、そのイラクがどこにあるかえ分からなかったという情けなさ。これじゃ、説得力あるわけない!
とにかく、地元の群馬県からも山本に対してブーイングが出ているという。一方の角田は、ライバルなのに、福田総理誕生を訴えているっていうんだから、ますます、山本に対しての風当たりは強くなるばかり。だけど、選挙に落ちたらタダの人。天国と地獄の差だ。参院なら6年待たなければならないし、例え衆院選に出も無理だろう。いずれにしても「チャレンジャーに捧げる詩」なんて歌ってる場合じゃないと思うが、小泉チルドレンらしくパフォーマンスだけはい一人前だ。
ところで、総理・総裁選には、“エロ拓”ことや山崎拓も出馬宣言するんだと。ただ、出馬宣言するだけで、実際には出馬は断念して福田支持に回るっていう寸法だ。いずれにしても、世論は「安倍」だが、選ぶのは自民党と自民党の党員。結局は安
倍ではなく福田でまとまるだろう。
それにしても、森派から2人が出馬するっていうんで、森喜朗前総理が各方面で何やら叫んでいるが、森が総理の時って支持率が数%で、「サメの脳みそ」なんて揶揄されていた。その森が、今や「黒幕」だなんて、やっぱり日本はおかしいと思わない?

※このトボケた顔…。どうも、山本一太は好きになれない!
100141061.jpg