飯島愛さんの“謎の死”。「お別れの会」日程を発表した翌日に不明だった“死因”を発表なんてタイミングよすぎ!!

何か、こうまでタイミングが良すぎると疑いたくなる。
前々から「やるやる」と言ってきた、元AV嬢でタレントの飯島愛さんの「お別れの会」である。
死因がハッキリしないのに「お別れの会」を言い出すのもいい加減だと思っていた。そういった中、飯島の元所属事務所の「ワタナベエンターテインメント」から「詳細が決まりました」と、「お別れの会」の日程がFAXされてきた。2月3日のことである。
「お別れの会」は、3月1日に東京・芝の東京プリンスホテルで行なわれるが、何と、この日程が発表された翌日4日には、「死因が明らかになった」である。余りに出来すぎている!
死因は「肺炎」。
思い起こせば、亡くなった直後、行政解剖では死後1週間程度経過していることが判明したものの「死因は不明」としていた。この時、何で「司法解剖」をしないで「行政解剖」だったのかも分からないが、一応は、その後も「病理検査を続けていた」としている。それにしても、警視庁渋谷署は、事件直後に「事件性はないと」と断定していたが、「行政解剖」でもハッキリしなかったものを、その前に「現場検証」で断定しちゃっていたわけだから、今になって「肺炎」と言っても…。しかも、今回も「警視庁渋谷署の調べ」である。素人の僕には理解できない。
それにしても、「お別れの会」は発起人が石塚英彦、うつみ宮土理、大竹しのぶ、加賀まりこ、島田紳助、志村けん、徳光和夫、中山秀征、ネプチューン、爆笑問題、古館伊知郎…。いやいや、豪華な顔ぶれである。
しかし、一応は世間を賑わした飯島愛さんの死である。それを、どこの誰がコントロールしているのか分からないが、ここまでタイミングを合わせた情報解禁と言うのも、どうかと思う…。だいたい、ここまで綿密に作業できるんだから、やはり真相を勘ぐりたくもなる。因みに、「お別れの会」の香典は、生前に飯島さんが取り組んでいた「エイズ撲滅運動」に役立てるため「㈶エイズ予防財団」の“日本エイズストップ基金”に全て寄付するのだという。