若麒麟の“クスリ”より朝青龍の“ちゃんこ”だろ!両国・国技館前の「ワールドちゃんこ朝青龍 」で試食!!

UNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUEUNKNOWN_PARAMETER_VALUE

大相撲尾車部屋の十両力士、若麒麟(わかきりん)が大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された30日、東京・両国にオープンする(2月1日)横綱・朝青龍の“ちゃんこ鍋屋”「ワールドちゃんこ朝青龍」に、ちゃんこ鍋の試食をしに行った。
 しかし、店の場所は噂には聞いていたが、絶好の位置だった。何と言っても、国技館の正面の真ん前である。よくこんな場所が取れたものだと感心した。前は喫茶店だったらしく、店内は狭い。28人が定員だが、詰めれば33人は入る。…それにしても狭い。しかし、狭いからいいのかもしれない。 とにかく、入り口が派手だ。龍の看板は、何か“ちゃんこ鍋屋”と言うより“中華料理屋”と言う雰囲気。
さて、そんなことは、どうでもいい。早速、ちゃんこ鍋の味見を!!
スープは、思ったよりうすい。濃いかうすいかと言ったら、煮込むからうすい方がいいだろう。「チャンコダイニング若」に比べたら…。おそらく、「若」の場合は、味を統一させるために一括製造しているはずだから、気持ち的に、「ワールドちゃんこ朝青龍」の方が、オリジナリティーがあるのかもしれない。味についても朝青龍がチェックしている。そういった意味では、食べてみる価値はあるかもしれない。しかし、味はどうかと言われたら、本物のちゃんこ鍋の味なんて知らないし、まあ、その人の好みだろう。腹に入ってしまえば同じこと!!
そう言えば、テレビ朝日のレポーターか何かも撮影で試食していたが「おいしい、おいしい」と、色々、食べながら説明していたが、近くで聞いていて「そんなもんかなぁー」と思ってしまった。
ところで、この店は今後、米国にも進出するらしい。まずは、オバマに食べてもらいたい。
しかし、ちゃんこ鍋で舌鼓を打っている最中、国技館前には取材陣が殺到していた。だが、今は、十両の若麒麟の“クスリ”なんかより、問題児横綱・朝青龍の“ちゃんこ”だろう。、ま、若麒麟も「クスリは小向美奈子から貰った」なんて言ったら、これはニュースだろうけど、疑惑に包まれていた力士だっただけに「やっぱりな…」といった感じか。それにしても、相撲は問題児だらけ?