“100年に一度の不況の津波”で観光客が減っている沖縄は、気温も12、13度と寒かった!!

20090111140430.jpg沖縄にきた。
東京は“冬”でも、沖縄は南国。暖かいに違いないと思っていたが、思ってもない寒かった。沖縄空港に着陸する直前、機内放送で「沖縄の天候は曇り。気温は15度です」と流れた時は、耳を疑った。15度!? 正直、20度ぐらいはあると思っていたか…。ところが、那覇に着いたら、15度どころか、12度とか13度。機内放送に騙された!? いずれにしても、この寒さを“体感”したことで南国・沖縄に対する認識が変わった…。
ところで、やっぱり“100年に1度の不況の津波”は、沖縄にも…。観光客の人数は、例年より少ないらしい。そう言われたら、この連休でも、那覇市内のホテルは満室になってないようだ。国際通りも人通りは、それほど多くない【写真】。もちろん、オフシーズンだろうけど、今年は違う。寒さは天候ばかりではないようだ。しかも、風が強よかった。どうやら景気とも比例しているようだった。これは“実感”した。