サザンオールスターズの10年前のアルバム「すいか」の海賊版CDをネットオークションで販売していた43歳男性書類送致

サザンオールスターズの海賊版音楽CDを販売していたとして8日、神奈川県警戸部警察署は神奈川県横浜市在住の43歳男性Aが著作権法違反で横浜地方検察庁に書類送致したという。Aは、06年11月からインターネットのネットオークションを使って千葉県内在住の落札者に、サザンオールスターズのデビュー曲「勝手にシンドバッド」など61曲を収録したアルバム「すいか」(デビュー20周年の最後の企画として98年10月21日に発売された。通算12枚目のアルバムで実に2年3ヶ月ぶりのオリジナルだった。日本レコード協会が主催する「日本ゴールドディスク大賞」では“アルバム・オブ・ザ・イヤー”を受賞している)の海賊版CD−Rを約2万円で販売していたという。
「今回の事件は、知的財産権侵害に係わる事件として、警察が積極的に取り締まっていた案件だった」と日本レコード協会広報部では説明している。