70年代フォークを生で!! 中森明菜が来春、都内ライブハウスでフォーク・ライブ計画!

holiday-LIAR001.jpg70年代フォークの叙情歌カバー・アルバム「フォーク・ソング〜歌姫 叙情歌〜」を発売した歌手の中森明菜が、来春にもフォーク・ライブを計画していることが分かった。哀愁漂うフォークの名曲を明菜が切々と歌うライブをコンセプトにしている。明菜は現在、ディナーショー以外のステージは行なっていないだけに、実現するは約2年半ぶりのライブとなる。「誰もが口ずさめる曲を歌いたい」という明菜の希望からアルバム「フォーク・ソング」の発売が決まった。24日のクリスマス・イブに発売されたが、かなりの評判になっているという。そういった中で持ち上がったのが、フォーク・ライブだった。明菜は「私のファンの方や、もう少し上の年代の方にはギターを弾きながらフォークを歌っていた方も非常に多いはず」とした上で、「今までにないスタイルで、新しい中森明菜を表現したい」と言う。アルバムでは、70年代のフォークの叙情歌を切々と歌っている。折りしも、日本テレビで放送中の「誰も知らない 泣ける歌」が評判となり、1月には同番組関連のアルバムが8社競作で発売されるが、音楽関係者は「明菜のアルバムこそ、泣ける歌の決定版」と断言するほどだ。こういった、70年代のフォークの世界を、アルバムに続いてライブでも表現したいというのが明菜の考えのようだ。明菜は06年8月8日の東京・有楽町の東京国際フォーラムでの公演を最後に、ディナーショー以外のステージは事実上、封印してきた。「大きなホールでは納得できるコンサートが出来ない」というのが理由のようだった。そういった中で「フォークのライブだったら」と言うことのようだ。明菜は「私のアルバムを聴いていただき、昔を思い出してノスタルジックになっていただくもよし、単純に曲の素晴らしさを堪能していただくもよし、こんな世の中ですから聴いた後に元気になってもらえればそれだけで嬉しいです」と言う。計画では来春を予定しているが、実現すれば約2年半ぶりのステージとなる。しかも、明菜自身は「大ホールよりライブハウスでやりたい」という意向を示していると言われる。関係者は「明菜自身、アコースティックなライブを考えているようです。大ホールでは味わえないステージを演出したいと思っている。ライブハウスで究極のフォーク・ライブをイメージしているようですね」と語っている。因みに、アルバムは、りりィ「私は泣いています」、イルカ「雨の物語」、風「22才の別れ」、紙ふうせん「冬が来る前に」、カルメン・マキ「時には母のない子のように」など全11曲を収録している。全て70年代を代表する作品ばかりだ。また、ボーナストラックで松山千春の「恋」を追加収録している。