同情するなら金をくれ!! 小室哲哉の異常な生活。借金漬けにも拘らず家賃280万円のマンションで月々の生活費1200万円!?

大阪地検特捜部に逮捕されたミュージシャンで音楽プロデューサーの小室哲哉。長者番付にまで出てきた人間の末路が「詐欺罪」で逮捕とは実に情けない。ここ数年の小室は、借金漬けだったという。
しかし、その反面、生活はリッチだった。何と280万円もする家賃のマンションに住み、月々の生活費は1200万円もかかっていたという。ところが、その家賃から、生活費は全て借金でまかなっていたというから、まさに異常とも言える生活ぶりだった。
所詮は、音楽のことしか知らない人間。周りから利用されまくったに違いない。しかも、逮捕されたら誰も助けてくれない。今や「小室に騙された」なんて言われる始末。周囲の誰もが知っていただろうことだったのに…。とにかく、借金漬けで返済に頭を悩ませていたことは確実。前女房のASAMI(吉田麻美)への離婚慰謝料、養育費、たまった借金で、ニッチもサッチもいかなかったのだろう。
待機していたホテルから特捜部に出頭する前は「知らない!」「関係ない!」「何かの間違いだ!」と言い続けていたが、出頭した途端に陥落したという。取調室に入った途端に「事実です」と認めてしまったようだ。
「驚きました。まさか、こんなに早く容疑を認めちゃうなんて…。全く、容疑を否認することもなかったといいますからね」(関係者)。
移動する車の中で捜査官から「早く認めちゃえば、罪も軽くなる」なんて言われたに違いない。きっと、捜査官も「チョロイチョロイ」と思ったかもしれない。何でも否認し続ける羽賀研二に比べたら大阪地検も扱いやすかっただろう。意外に根性はなかった!? この分だと、知っていることは何でもペラペラ言ってしまうに違いない。
こうなったら今後の捜査も特捜部のペースだ。事件は核心へと突き進んでいくはずである。
(つづく)