やっぱ“超人”だった!? 休憩時間にはサイン会敢行!“還暦”泉谷しげるオールナイトで前人未到の60曲!!(下)

holiday-IMG_8995.jpg泉谷しげるのオールナイト・ライブ「泉谷展覧会・60×60」が、東京・江東区のZepp Tokyoで行なわれた。4日午後10時にスタートしたライブは5日午前5時まで繰り広げられた。歌う曲は、それぞれテーマがつけられていた。常に20曲が終わると20分間の休憩を挟んだので、実質的には6時間のライブだった。
が、しかし、その貴重な途中の休憩時間である20分も楽屋で休むことがなかった。泉谷は何と、「泉谷展覧会」をやっている入口でCDを買ってくれた人全員を対象に「サイン会をやる!!」と言い出し、現実に実行してしました。もう、これは60歳のオッサンのやることじゃない!! ここまで泉谷がやるんだから、そりゃ会場でCD販売していた「帝都無線」も大喜びだったろう。とにかく、高価な商品が飛ぶように売れたようだった。
それにしても、最初は60歳を迎えた泉谷が、オールナイトで60曲を歌い切れるかどうかが注目されたが、心配御無用!! しっかり歌い切った。しかも、休憩もせず…。やっぱり泉谷は“超人”だった!!

【第1部】
〜新曲発表会(1)〜
1.業火
2.すべて時代のせいにして
3.黒い箱男
4.やさしさの素猫
5.ナンバー2
6.逃亡者

〜泉谷しげる初期のロック編〜
7.地球はとっても青いから
8.ヒマ人クラブ
9.無限大食
10.おー脳
11.巨人はゆりかごで眠る

〜フォーク・ロック座談会〜
12.野良犬
13.街角
14.里帰り
15.行きずりのブルース
16.少年A
17.春のからっ風
18.流血のならわし
19.春夏秋冬
20.終わりを告げる

【第2部】
〜泉谷しげる初期のフォーク編〜
21.戦争小唄
22.砂時計
23.告白のブルース
24.帰り道
25.街はぱれえど
26.白雪姫の青リンゴ
27.ねどこのせれなあで
28.ひとりあるき
29.哀願情歌
30.寒い国から来た手紙

〜初期から中期・フォークからロックへ〜
31.鏡の前のつぶやき
32.陽が沈むころに
33.流れゆく君に
34.海をにぎりしめる少年
35.レイコ
36.FACES
37.あいまいな夜
38.クレイジーラブ

〜突然の新曲発表(2)〜
39.生と死の間に
40.回想

【第3部】
〜ダイナマイトポップスショウー〜
41.黄昏のオレンジ・ロード
42.火曜の朝、君とツイスト
43.決定!ホンキー・ふりかけ・トンク
44.テスト・ドライバー
45.電光石火に銀の靴
46.黒のカバン
47.Dのロック

〜エンディングに向けて〜
48.翼なき野郎ども
49.デトロイトポーカー
50.揺らぐ街
51.俺の女
52.責任者を探せ
53.フロント
54.褐色のセールスマン
55.火の鳥
56.眠れない夜
57.国旗はためく下に
58.旅から帰る男達
59.長い友との始まりに
60.土曜の夜君と帰る

〜アンコール〜
61.時よ止まれ君は美しい!
62.野性のバラッド