東京高裁も実刑判決!!  懲役2年6月の1審判決支持でホリエモン(掘江貴文)控訴棄却!

証券取引法違反罪(偽計・風説の流布、有価証券取引報告書の虚偽記載)に問われていたホリエモン(堀江貴文・元ライブドア社長)の控訴審判決が25日、東京高等裁判所で開かれた。第1審の東京悲報裁判所判決は懲役2年6月の実刑判決を下したが、東京高裁の長岡哲次裁判長も、その1審判決を支持、ホリエモンの控訴を棄却した。
しかし、いくら出廷の義務がないからって、ホリエモンはこれまで行われてきた3回の公判に出てこなかった。表向きは「混乱を避けるため」なんて言っているが、まあ、控訴したもののホリエモン自身も諦めムード。「実刑」は当然のなり行きだと思っていたに違いない。「無罪」を主張し続けても無駄な話。結局は「有罪」になって、収監されるわけだから、早いとこ、お勤めしてくればいいのに。
それにしても、ホリエモンは今も六本木ヒルズ・レジデンスに住み、自ら経営にタッチしている麻布十番の会員制クラブに夜な夜な通っているらしい。噂されている太田在とかいうタレントとも交際を続けているというから気楽なもの。しかも、全国各地でゴルフ三昧の日々だそう。保釈中とは思えない生活ぶりだ。まだま泡銭はあるようだ。しかし、一方では700億円を超える代表株主訴訟も起こされているというから、先を考えると大変な部分もあるのだが…。
それにしても、僅か3年ぐらい前だった。田原総一朗やNHKまでもがホリエモンを時代の寵児のように持ち上げて、「勝ち組」なの何なのと言って、小学生までがライブドアの株を買っていた。あの時のガキどもはどうしているのか? 退職金でライブドアの株を買った人はどうしているのか? USENの宇野康秀なんかも損した部類だが、彼からしたら大した金ではなかったのかもしれない。、まあ、「経済の勉強だ!」なんて報道されていたが、確かに経済の勉強にはなっただろう。そうそう、無能議員の武部勤なんてのは「我が息子です」なんてアホなことを言っていた。武部の場合、親が親なら息子も息子。愚息にもならない。ホリエモンと似たり寄ったりのドラ息子である。早い話が類は友を呼んだってってこだろう。
それにしても、ホリエモンのようなペテンを生み出した小泉純一郎やチンピラ衆院議員の伊藤達也、さらには猪瀬直樹、竹中平蔵なんていうのは未だに生き残って悪さしている。猪瀬なんて、石原慎太郎の後釜で都知事まで狙っているし、もはや日本が生き地獄になるのは時間の問題だ。