“法治国家”ならぬ“放置国家・日本”のテレビ番組!!  犯罪現場取材も報道の自由なのか!?

20080718043409.jpg日本テレビ「Oha!4(おはよん)」を観ていたら、偽造免許証で携帯電話を契約する“犯罪グループ”が、ファーストフードでハンバーガーを食べながら打合せする現場の様子を放送していた。これは「振り込め詐欺」の温床にもなっているらしく今後、携帯電話の契約時に提出する免許証が本物かどうか警察に確認できるようにするということで、その“実態”として、打合せ現場を取材して放送したようだ。
が、これって、明らかに犯罪現場だろ! いくら取材であっても、犯罪を見逃してることになる。反社会的行為ではないか!? しかも、偽造免許証らしきものまで撮っていた。オイオイ!! こんなもの撮ってる場合じゃないだろ!! 警察に通報するのが常識だろうが。犯罪の手助けして、何が報道だ!! 誰から見ても“犯罪幇助”だろう。取材者も逮捕されても不思議じゃない!
だいたい、こういう奴等は放送されると、ますます調子に乗る。エスカレートする。まさかヤラセじゃないだろうし、いずれにしても、とんでもない報道である。警察も何をしてるのか? 結局、これが“法治国家・日本”のテレビだってことか? こんなの、どう見たって“放置国家”だろ! もはや、日本の未来はない!