人気アナだった川田亜子さん。夜景のキレイなお気に入りの場所で何を思い悩み自殺したのか!?

元TBSの人気女子アナで、1年前からフリーに転身した川田亜子さんの自殺は、かなりの激震だった。第一発見者の男性会社員は、25日の夜8時頃、東京都港区海岸に停車した乗用車を目撃している。その時、すでに車中には女性が眠るように運転席から助手席にかけて横たわっていたという。気になったが「寝ているのかと思った」という。しかし、翌朝の午前6時15分に再び通りかかったところ、同じように横たわっていたことから、不審に思い、運転席ドアのガラス越しにノックしたところ応答がないため、警察に届けたという。
発見時はパーカーにスカート、そしてサンダル姿だった。
発見場所は、自宅マンションからも近いところで夜景の綺麗な場所だった。川田さんはこの場所がお気に入りだったらしく、よく車を停めて夜景を眺めていたという情報もある。しかし、その場所で、何を思い悩み自殺したのだろうか? 謎は深まる一方だ。
遺書は、助手席に置いてあったという。その遺書は家族に宛てたものと、もう一通、別の遺書があった。その宛先は今もって不明だ。その遺書に、あるいは自殺の真相が書かれている可能性がある。
しかし、自殺の原因が異性関係にあったことは間違いなさそうだ。白百合女子大を卒業した川田さんは、TBSのアナウンサー時代は特異なキャラで人気を集めていたが、実際は物静かで、真面目な性格だったという。フリーに転身して以来、恋愛で思い悩んでいたとも言われるが、それが自殺の要因なのかは不明。