「女子高生脱がして楽しいですか? 嫌がるタレント脱がして楽しいですか?」藤間ほのかの怒り!!(下)

holiday-51WgfuxUtCL__SS500_.jpg現役女子高生グラビアアイドル、藤間ほのかが自身のブログ「藤間ほのかオフィシャルブログ ―*藤間氏ほのか氏あんた誰(´^`)?*―」で、激白した、グラビア界への痛烈批判。確かに、ここ最近、グラドルの引退や痛ましい事件が多発している。
今回、藤間をブチ切れさせたのは5月2日に発売された、小田ひとみとのコラボDVD「なかよし学園」のパッケージ(写真)。藤間によれば、そのDVDジャケットは、本来使われる予定ではないはずの写真が使われたというのである。完成した商品を見て一気に不満が爆発した。
彼女は、「見た瞬間に裸に見えました」と憤慨。腹の底からみなぎる怒りを自身のブログにぶつけた。そのブログは、さすがに削除されたが、その怒りは収まらない。
そのブログの内容は次のようなものだった。
「見た瞬間に裸に見えました。ちゃんと水着着てますが、私も(小田)ひとみもマネージャーに、この衣装をパッケージに使うのをやめてと言った筈です。衣装も小さいし、パッケージはこのカットだし。何がしたいの? 私を脱がせたいの? 今のグラビア界はおかしい。騙された気分。いや、騙された。この衣装、パッケージに使わないって言ったじゃん。こんな世界嫌いです。女子高生脱がして楽しいですか? 嫌がるタレント脱がして楽しいですか? 私は間違ってると思う…」
とにかく所属事務所に対してはもちろんグラビア界に対しても不満を爆発させている。
グラビアDVDは、ジャケットの過激さで売るしかないらしいが、まあ、この程度のことは氷山の一角かもしれない。所属事務所も、ここまで怒りを爆発するとは夢にも思っていなかっただろう。いや、説得できないほど、事務所と藤間の間には隔たりが出来ていたと言ってもいい。
この一件を調べていたら、藤間の「女子高生脱がして楽しいか」という不満に対して、こんなコメントが書かれていた。
「楽しい楽しくない、というより、それが仕事ですからね。そこを割り切ってやっているアイドルも沢山いて、そういったコはこの業界で伸びていく。藤間さんは、普通の女子高生に戻った方がいいと思いますけれどね」
もはや、グラビア・アイドルはアダルト女優と同じ目線で扱われているということだ。何でも規制する風潮には大反対だが、嫌がる高校生に対して「仕事だから割り切れ」というのは、やはり異常だ。まあ、藤間は今後、芸能界で売れることが、意趣返しになると思うのだが…。