オヤジと韓国女性との会話!「僕の恋人になれば入国管理局は大丈夫!心配しなくていいから…」

20080423145212.jpg20080423145624.jpgそのオヤジは言った。
「僕の恋人になれば、全て大丈夫だから!! いや、心配はないから!大丈夫だから…」。
オヤジは、目で訴えながら女性の手をテーブルの上で握りしめた。
東京・赤坂見附の駅前にあるコージー・コーナーでの会話である。
女性は、韓国人。まだ慣れない、片言の日本語だった。話の内容から、どうやら赤坂のクラブに勤める女性らしい。歳は、24〜25歳って感じだった。しかし、オヤジは60歳はいっている感じだった。
「僕の恋人になれば、入国管理局は心配しなくて大丈夫だから。韓国から何日の何時何分の何便で羽田に到着するのか、成田空港に到着するのか知らせてくれれば、そこに必ず僕が迎えに行くから。イミグレーション(入国管理)は大丈夫。僕の恋人と言うことで何とでもなるから心配しないで。だから、僕とそういう関係になれば…」
オヤジは、胸のポケットから何やら手帳のようなものを取り出した。
「この手帳があれば大丈夫なんだよ。この手帳を見せれば、イミグレーションでは、警察手帳と同じぐらいの威力があるから。大丈夫。僕を信用して!」
韓国女性は、それでも不安そうな感じだった。
「心配しないで。本当に大丈夫だから。僕に任せておいて。僕の恋人だったら、本当に大丈夫だから」。
「店で働く時も心配しなくていいから。警察が入る時は、すぐ分るから、そしたら、すぐキョウコちゃん(韓国女性の名前らしい)に連絡するから。そうしたら、店を休めばいい。心配する必要は全くない」
「実は、色々な店からイミグレーションの情報を教えてくれって言われるんだよ。でも、余りやっちゃうと、危ないからね。ママからも頼まれるんだけど…。でも、キョウコちゃんは、僕が守るから大丈夫。○○(店名)で、キョウコちゃんが僕の隣に座ったとき、僕は、あー、何て可愛い子なんだって思ったんだよ。その後だったよね。確か四谷から電話したんだけど、連絡がとれなくて。諦めていたら、今度はキョウコちゃんから電話がかかってきた。正直、嬉しかった…」
とにかく、韓国女性のキョウコちゃんは、頷いているだけで、ほとんど話さない。オヤジが一生懸命に口説くばかりの声だった。
「君が、○○のチーママになったら、店も大丈夫だから。僕の恋人になってくれれば、本当に心配しなくていいから」
韓国女性が、何やら、他の男性客の話をし始めた。すると、オヤジがやや感情的に
「ダメダメ。ロマンス・グレーの男はダメだから。信用しちゃダメ。ロマンス・グレーの男は本当に危ないからね。ダメダメ!」。
「とにかく、僕だったら大丈夫だから。信用して! だから、何日の何時何分の何便に乗って、羽田に到着するのか、成田に到着するのか連絡してもらえば,すぐに迎えにいくから、大丈夫。大丈夫だから、僕を信用して」。
それにしても、こんな話をコージーコーナーなんかでするなよ! それにしても、どーしょうもないオヤジである。