“山チャン”のマル秘・六本木日記(19) キャバ物色する袴田吉彦をキャッチ !!

袴田吉彦が深夜の六本木でキャバクラを物色していた。しかも、納得出来るキャバクラが見つからないのか、客引きに声をかけまくっていた。
まず最初、ホテルアイビス下の「globe」で飲んでいたらしいのだが、どうやら女の子にアフターを断られたらしい。確かに「globe」なんかでアフターを断られるのはハジもハジである。そこで収まりが付かなくなってしまった袴田吉彦はキャバクラを物色し始めたというわけである。
袴田吉彦を引いた客引きの話によると
「テッパン(交渉も店の名前も聞かずキャバクラ1時間6000円という話だけで即決する客)だったよ」
とのことである。
しかも、口直しに行った店が“ナースキャバ”とは2度ビックリ!驚きである。まあ、店ではシャンパン空けてきっちり“豪遊”したみたいだね。しかし、ちょっと前まではこういう事をする芸能人は川崎麻世だけだったのにこれも「景気足踏み」の影響なんですかね!?