洋楽に革命的CD企画が誕生!!  何とCD5枚組100 曲フル収録で3980 円ポッキリ!!

holiday-zpfile003.jpgholiday-zpfile002.jpgholiday-zpfile001.jpgholiday-zpfile000.jpg

昨年来、洋楽が伸び悩んでいる。コンサートは、適当に盛り上がっているが、現実的にはCDも音楽配信も厳しい。とにかく、いい曲がない。グッとくる曲がない。でも、米国のR&Bシンガー、Ne‐Yoが何となく盛り上がったっけ。それというのも、ゴルフ界のニューフェイス”ハニカミ王子”こと石川遼(東京・杉並学院1年)が大ファンだったからだ。石川がi‐podの中に取り込み、いつも再生してしているのがNe‐Yoの「ビコーズ・オブ・ユー」だったからだ。
この曲を聴くと、ハニカミ王子はスイッチが入るらしい。聞くところによると、「調子の悪い時はリズムが悪い」という石川は、自分自身のテンポを掴むための努力をしているそうで、その1つがNe‐Yoの音楽を聴くことなんだとか。「Ne‐Yoの曲は、自分の歩くテンポに一番近いし、すごく集中できる」と言っている。この”石川効果”もあって、Ne‐Yoへの注目度も集まったというわけ。確かに、Ne−Yoはよかった。ま、洋楽で話題になったのは、その程度なんじゃないか。いずれにしても、邦楽に比べて洋楽は冬の時代に突入した感じである。
と思っていたら、とんでもない企画の洋楽CDが出た。ハッキリ言って前代未聞の企画かもしれない。そのとんでもない企画のCDタイトルは「ベスト・ヒット100」。何がスゴイかって、CD5枚組に100曲がフル・バージョンで収録されていて3980円ポッキリ!! 1枚796円…。いや、パッケージの価格もあるだろうから、1枚が税込で780円ぐらいか!?
まず1月16日に出たのは「シックスティーズ100」「セヴンティーズ100」「エイティーズ100」「ナインティーズ100」の4タイトル。このタイトルから分かる通り、内容は60年代から90年代の洋楽のヒット曲を年代別に100曲収録しているのである。
「年代別ばかりではなく、その年代のヒット曲をジャンル別に収録しています」
発売したユニバーサル・インターナショナルの人は誇らしげに言っていた。
例えば、「シックスティーズ100」の場合、
Disc1「CMと映画でおなじみのヒット曲編」
Disc2「ガールズ・ポップ編」
Disc3「アメリカン・グラフィティ編」
Disc4「スーパー・ボーカル編」
Disc5「グループ・サウンド編」
と分類されている。最初にも書いたが、全てフル・バージョンで収録されている。
これは、ハッキリ言って、輸入版でもないだろう。
そして…。2月6日には、第2弾として
「大人のディスコ100」「大人のイージーリスニング100」「大人の映画音楽」の3タイトルも出る。これによって今回の企画の7タイトルが全て揃うってわけだ。
しかし、問題がある。こんなもの聴ききれない!! i−potに取り込んだとしても700曲である。それに全部揃えたら、CD35枚になる。しかも、それだけ揃えても2万7860円。原油の値上がりで物価が高くなっている中、破格の値段であることは分かる。が、聴き終わるまでにどんだけかかるのか!?
それにしても、こんな安売りしちゃって、本当に大丈夫なのかねぇ。まあ、ぶっちゃけ新しい曲にはグッとくるものがないし、こういった洋楽CDの企画は大歓迎である♪
※収録曲などの詳細は…
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/