「Winny」を悪用してTV アニメを無断アップロードした大阪の大学院生ら3人逮捕!

またまた、著作権法違反で逮捕者が出た。
京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署は、ファイル交換ソフト「Winny」を通じ、テレビ放送されたアニメ番組を無断でアップロードし送信できる状態にしていたことから、大阪府堺市の男性会社員男性A(39歳)と、兵庫県尼崎市の職業不詳男性B(35歳)、大阪府泉佐野市の大学院生男性C(24歳)の3人を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。「Winny」を悪用したユーザーの著作権侵害行為の刑事摘発は、03年11月に男性2人、昨年(07年)5月に男性3人が逮捕されており、今回が3件目だという。
調べによると、会社員Aと職業不詳Bは昨年9月5日、テレビアニメ「アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア) 第23話『RUN!』」を。さらに、同年10月14日にも、テレビアニメ「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)第2話『ガンダムマイスター』」を、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて権利者に無断でアップロードし、不特定多数のインターネットユーザーに対して送信出来る状態にするなど、著作権(公衆送信権)を侵害した。
一方、大学院生Cは、昨秋11月28日、ポニーキャニオンほか3社が権利を持つテレビアニメ「CLANNAD―クラナド―」の静止画像を、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて権利者に無断でアップロード、不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害したとしている。
また、Cは、作成したコンピュータウィルスに「CLANNAD―クラナド―」の静止画像を利用し、Winnyネットワーク上に流通させていた。警察の調べに対してCは
「ウィルスを作ったのは自分です。クラナドを使ったのは、話題性があるから」
と供述するなど、事実を認めている。
しかし、逮捕者のうち2人が大阪府民。今度、弁護士の橋下徹が府知事になったんだから、著作権法違反かなんかで逮捕者を出しちゃいかん! まあ、橋下では、ちょっと期待は出来ない部分はあるが…。

Comments are closed.