華原朋美を所属事務所が解雇、完全引退へ

原朋美が引退に追い込まれた。所属事務所のプロダクション尾木は、華原との専属契約を解消した。急性気管支炎で舞台を休んだかと思ったら、睡眠薬などの薬物に依存する。「もう、これ以上、面倒見きれない」と、ついにリストラされた。それにしても、華原といえば、小室ファミリーで一世風靡した歌手である。しかし、その一方で、自殺未遂とか、まあ、いろいろと起こした。精神不安定だとも言われた。晩年は「紅白」出場のために事務所は、かなり苦労していたが、結局は芸能界から追い出されてしまった。