16歳淫乱小娘の恐るべき毒牙にかかった声優プロ松田社長! その小娘の正体を暴く!!(下)

東京・代々木で声優プロダクション「アーツビジョン」を経営している松田咲実社長に下半身を触られたと、警視庁渋谷署に訴えた淫乱小娘のAT。今回の事件の前に、ATは他のプロダクションで「私、××プロの○○社長に襲われ、中出しされちゃったんです」と言い回っている事実を聞いた僕は、これは、大スキャンダルだと思い、その社長に問い詰めた。「ATが言っているんだ!! 他に書かれるんだったら、僕に書かれた方がマシでしょ! おとなしく吐いたらどうなんですか!! 中出ししたんでしょ?」。名指しされたプロダクションの社長は、顔色が変わった。その途端、「ふざけんじゃない! 冗談じゃない!」髪を振り乱して激怒し始めた。温厚な社長が錯乱状態になった。「僕が、そんなことをすると思ってるんですか!! 渡辺さんは、僕を信じられないんですか!?」「だったら、やっていない証拠を出してくれ!」すると、携帯を取り出し、「この、メールを読んでくれ!」そのメールは、ATが社長宛に送りつけたものだった。内容は、とてもじゃないが書けないが、要するに「どうして冷たくするのか」とか「私は憧れているのに、何で、無視するのか」といった内容のことが書き綴られていた。早速、今回の彼女が言いまわっているという情報を教えてくれたプロダクションの社長に、メールのことなどを伝えると「確かに、おかしな子だったからね。だって、35歳ぐらいのオタクっぽいオヤジが付き添ってきたんですよ。何か、秋葉原のビデオ・ショップの店員らしいですけど、面接に来ているのにイチャイチャしているんですから。何か、変でしたよ」。最初から、そのことも言えっつーの!ところで、ATには両親がいないという。「おばあちゃんに育てられた」というが、どこかおかしい。聞くところによると「12歳からキャバクラでアルバイトしていた」というから、それだけでも働かせていた店は児童福祉法違反だろ!! しかも、キャバクラで働いていたことを、堂々と言い回っているわけだから異常である。だいたい、15歳でエロ・ビデオを制作して発売しようとした小娘である。制作したビデオ会社の社長でさえ「出すのが不安だった」らしいから、とんでもない淫乱小娘である。で、今回の事件であるが「実は、松田社長の所にATが来たことは、連絡があったんだよ。当然、僕はナベちゃんから、彼女の話を聞いていたから、松田社長には注意するように言っていたんですけどね。どうしてなんだろう…」(ATに「中出しされた」と言われたプロダクションの社長)。松田社長は、病気を理由に釈放されたが、警察署も淫乱小娘ATの話ばかりを信じないで、ここはちゃんと調べ直した方がいい!!