大友康平の独立・個人事務所設立の理由は!? 桂子夫人との相違を探る!! ⑭

HOUND DOGの大友康平の独立・個人事務所設立について、証人尋問で明らかになったが、実は大友康平と大友桂子との証言には違いがあった。
大友の独立の理由は⑫で書いた通りだが、その大きな理由は、マザー・エンタープライズの福田信会長への個人的な不満と、25年間も事務所に貢献してきたことだった。しかも、最後には「独立しようと思っても出来なかった尾崎豊さんの気持ちが分かった」なんて言い放った。ここで、尾崎豊の名前を出すとは、恐るべし大友!!
大友に対して、桂子夫人は?
桂子夫人は、
「大友康平に内緒でCMキャスティング会社のプロシードに大友の権利を譲渡した」
と証言した。
04年春のことである。マザー・エンタープライズの佐藤庄平社長は証言で
「HOUND DOGの活動が厳しくなる中で、(大友桂子から)個人の活動を増やして欲しいという要望があった。CMの量を増やせないかと…」
と言っていたが、プロシードとの業務委託は、そういった大友側からの要望が背景にあったと思われる。
しかし、あくまで、プロシードとは「業務委託」だった。が、桂子は「権利譲渡」と言い切っていた。弁護側の問いに、単なるCMキャスティング会社だということを桂子は理解しているようだったが、何故か「権利譲渡」と言い切っていた。しかも、この時に
「勝手に大友康平の名前で契約を結ぶようなマザーからは独立するしかない」
と考えたという。
さらに
「マネジメントのケアが全く出来ていなかった。信頼できる…、大友と、ちゃんと出来るようなマネジャーがいなかった」
と不満を吐露した。さらに、福田信会長についても
「HOUND DOGを解散して、大友康平だけマザーに残れないか」
と言われたと言い、メンバーに関しては
「1人2000万円の退職金を渡せばいい。退職金も渡せるしマザーにも金は残る。そのためにも解散がいい」
と言ったらしい。
それにしても、独立・個人事務所設立の理由が大友康平と桂子夫人では全く違うのは一体、どういうことか!?
それにしても、独立してからのマネジメント体制のほうが満足なのだろうか?
因みに、大友が、藤原紀香と共演した大日本除虫菊㈱のCM「蚊に効くカトリス・夫婦」は、桂子夫人が「勝手に…」と言ったプロシードがブッキングしたCMだった。このCMで大友はACCが「CMにおける優秀な演技」に対して贈る「ベスト演技賞」に選ばれた。ま、マザーでなければ何でもよかっただけのことかもしれない。

それにしても、裁判所での証人尋問については、閲覧制限されているという。堂々と閲覧させればいいのに…。また、大友の事務所「イエホック」の坂田社長は、マザー側の弁護士が「誘導尋問した」と言っているそうだが、そんなこと言ったら、大友側の弁護士は面子がない!?

Comments are closed.