OZMAでトラウマ!? 今年最大の流行を作った小島よしおを出さないのは裸だから?

今年の「紅白」。何かが足りない。何が足りないのか…。そう、小島よしおがいない!! 
「そんなの関係ない!」
「オッパッピー!」
CMからタレントまで、みんな彼のギャグを真似している。だいたい、NHKの最高経営機関である「NHK経営委員会」の古森重隆委員長は富士フィルム・ホールディングスの社長だが、その富士フイルムのCMでも年末は小島のギャグを使っていたほどだ。
その今年、最大の流行を作った小島はどこに!? 所属のサンミュージックに
「小島は、どうしたの?」
と聞くと
「最初から、出演交渉なんてなかったよ!!」
ということは今年、最大のヒットをNHKは無視したというわけか!?
では、何でNHKは小島を出さなかったのか。実に謎である。これに限らず、今年の「紅白」には謎が多かった。謎だらけだった。しかし、小島が出ないことを誰も疑問に思っていないのも謎である。若槻千夏を出ても価値はない。NHKが生んだ「おしりかじり虫」なんかより、よっぽど話題になっていたはずだし、何より、「オッパッピー」は、環境問題を訴えているのに…。
したら、ある人が教えてくれた。
「DJ OZMAが原因なんだよ」
「?」
曰く。
NHKは、昨年のDJ OZMA以来、裸に過剰反応するようになったらしい。
「小島が、海水パンツ1枚で、あの芸をやるのが問題だったんだよ」。
「でも、それはDJ OZMAとは違う。それに、小島は大多数の視聴者から支持を得ているはずでしょ」
「いや、NHKから見たら、裸は裸。DJ OZMAと一緒なんだよ。万が一、小島を出して視聴者から批判が出て、受信料の不払いになる方が怖いんじゃないの?」
ちょっと、大ゲサ過ぎな感じもするが、NHKは「服を着てくれ」と条件を出したらしい。
意味わかんねぇ~。
今や、何でも「過剰反応のNHK」だから、十分にあり得る話である。しかし、小島のようなお笑いを出さずに、今年も理解不能な応援合戦。こんな無駄なことをやっているから、大物のポップス歌手に出演を断られるんだと思うんだけど。
あと、NHKは福地新会長を「紅白」に招くべきだったのでは!? そして、打ち上げは、アサヒビールで乾杯…。ご機嫌とらないと…。

Comments are closed.