夜の新宿…。酔っ払った男子学生が女子学生に抱えられて…。その瞬間!

新宿・歌舞伎町。TSミュージックの前。12時を過ぎると、さすがに最終電車に乗らなきゃで、ドット、店から酔っ払い学生が出てくる。しかも、ヘロヘロなのは男ばかり。まるで、パントマイムの足のように、誰かに支えられなかったら立つことも出来ない。閉まった店のシャッターの隅に寄り掛かって座っているヤツも。
「大丈夫?立てる?」
オイオイ、酔っ払うのはいいけど、女の子に抱えられなければ歩行も出来ないなんて、情けないと思えよ!なんて思いながら通り過ぎようとした瞬間、ナナナント、僕を目掛けて、クソカギがゲロッバしたのだ。
「アッ!」
ゲロッバのしぶきが、僕のズボンにかかったような…、気がした。
「バッキャロー!」
「アッ、すみません!大丈夫ですかぁ!?」
何で、女の子が謝るのよ!ゲロッバしたのは、クソガキだろ!
しかも、女の子に謝られてたとき、
「あっ、大丈夫です」
なんて言ってしまった自分も、よく分からなかった。これまた情けない…。
悔しいから、女の子に抱えられて歩いているところを撮ってやった。それでも、スッキリしないのは何故か!?まさか、こんな酔っ払いクソガキが母性本能をくすぐってるなんてことはないだろうなぁ(T_T)
100136201.jpg