パリのドゴール空港。フランス人は親日!?

荷物検査や出国手続きの時から係員が日本語で対応していた。荷物検査の係員なんて、どこで見たのか、チェックした後、「ありがとう。お気をつけて。渡辺さん」だもん。恐るべし、検査員!! 思わず「どういたしまして…」なんて言ってしまった。
そればかりではない。空港内の入る店で、だいたい日本語で対応してくれていた。なるほど、入国時のパスポートの、いい加減な対応?も納得した。案外、フランスは親日なんだろう。
それにしても、空港は混雑していた。ラウンジは、広々としているのに満席。僕は1人だったからいいが、2人とか複数人の場合には並んで座れず、立っている人も…。日本航空はガラガラみたいだけど、エアフランスは人気だ(地元だから当たり前か)。
100131681.jpg