角川春樹の復活第1弾映画「男たちの大和/YAMATO」(反町隆史、中村獅童主演)が、公開42日で動員300万人突破!

さすがは角川春樹パワーである。27日に動員300万人を突破し、興行収入(興収)38億円になった。東映の最大のヒット映画で、高倉健とヒロスエが出た「鉄道員」(99年)や「さらば宇宙戦艦ヤマト・愛の戦士たち」(78年)を抜き、東映配給記録歴代9位になる。邦画系では「セーラー服と機関銃」、「失楽園」に続いて第3位。でも、考えてみれば「セーラー服と機関銃」だって角川春樹の作品だ。やっぱり、神がかった人が作ると違うのか?
10006431.jpg