朝霞市も市制40周年、本田美奈子.の40歳の誕生日にモニュメントが朝霞駅前に建立!

05年11月6日、急性骨髄性白血病のため38歳の若さで亡くなった本田美奈子.さんのモニュメントが、新たに整備された東武東上線・朝霞駅南口駅前広場(埼玉県)に完成、本田さんの40歳の誕生日にあたる31日午後、除幕式が行われた。モニュメントには本田さんのメッセージが刻み込まれ、歌が流れてくる。
きょうは梅雨が明けたのか?とにかく暑かった。それも午後2時という、炎天下の真っ只中で除幕式が行われた。その除幕式には富岡勝則・朝霞市長をはじめ、本田さんの所属事務所であるビーエムアイのエグゼクティブ・プロデューサー、高杉敬二さん。本田さんの母親である工藤美枝子さん、そして、本田さんの友人代表としてタレントの早見優が出席した。

※写真=左から高杉EP,工藤美枝子さん、早見優
931.jpg

本田さんは「朝霞が生んだスーパー・スター」だとか。「朝霞の文化向上、朝霞の発展のために」(商工会長)このモニュメントが出来たという。富岡市長は「本田さんは税務署や警察署の1日署長を務めるなど地元にもきょう協力してくれた」と言っていた。
それにしても、朝霞市も市制40周年らしい。本田さんが生れたときに「朝霞市」になったわけだ。そのモニュメントは高さ1.2m、幅1.4mだそうだ。「笑顔」の詞が刻み込まれ、「ありがとう」と自筆のサインがしてある。ボタンを押すと、ドボルザーク作曲の交響曲第9番ホ短調「新世界」の音楽に乗って本田さんの歌が流れてくる。なるほど、クラシックなら著作権がかからない。本田さんの歌に関しては著作権を免除しているそうだ。

※写真=仰々しく除幕式

941.jpg

※写真=かけ声とともに…
951.jpg

※写真=会場では平和のシンボル?白いハトまで…。実に立派な除幕式だった
961.jpg