トップ当選の余裕!? 「自民は28」と大胆予測する舛添要一が渋谷で最後の街頭演説!

自民党候補・舛添要一は、「自民党は28人」と大胆な予想をしているらしい。
東京・渋谷の東口で、舛添要一の演説現場を取材していた某紙記者は
「28と言ったら、1人区が、ほぼ全滅ってことでしょ」
と言っていた。
舛添は、自民党だが、さすがに冷静でシビアである。僕は、自民35、民主63と予測している。公明は1ケタで、案外、共産党が躍進するかも…。
で、某紙記者は
「舛添要一のトップ当選は間違いない。ただ、丸山弁護士は、もちろん票は取るでしょうけど、思ったほどいかないかも」
東京選挙区は、僕が「1票を…」と思った丸川珠代だったが、投票用紙の前で鉛筆のシンが折れたから、縁起が悪い。おそらく「落ち」だろう。
「丸川も落ちたらどうするんだろう…」
と言ったら、某紙記者は
「結婚ですよ」
だって。要は、どちらに転んでもいいってわけだ。
余談はいいとして、自民党は厳しい、あの北海道なんかでも、鈴木宗男の「新党大地」に負けているという。明日のNACK5には松山千春が生で出るから、楽しみである。もはや安倍自民は崩壊である。
ところで、舛添要一は先日、大阪で暴漢に襲われたこともあって、渋谷・東口での街頭演説には、SPがいっぱいついて、周囲に目を光らせていた。また、舛添に続いて、この場所では川田龍平の演説も。また、ハチ公前(西口)では喜納昌吉のライブがあったりで、渋谷駅周辺は、浮動票を狙っての参院選最後の盛り上がりとなっていた。

※写真=トップ当選は確実?

73.jpg

※写真=周囲ではSPが目を輝かせていた。

910.jpg

Comments are closed.