放送作家で、音楽プロデューサーの木崎徹さんに頼まれていましたが、ついつい忘れてました。

「木崎さんを応援してよ」と、オリコン・エンタテインメントの垂石克哉社長に念を押されてしまいました。念のために木崎さんを紹介しておくと、彼は「夜のヒットスタジオ」という、フジテレビの伝説の番組の構成作家をやっていました。その前は日本テレビで「11PM」のディレクターをやっていたそうだけど。他に「FUN」の構成作家もやっておりました。最近は音楽プロデューサーとしても頑張っています。その木崎さんは以前、加山雄三が還暦の時に記念の加山雄三トリビュートをさだまさしや谷村新司、THE ALFEEらに声をかけて20組のスーパーアーティスト集合という形で実現させたたり、妙にアーティストとの交友関係が広いのです。彼が今、力を入れているのが、3月の3、4日に上野の東京文化会館で開催される加山雄三さんの活動45周年記念のシンフォニック・コンサートなんです。東京フィルハーモニー交響楽団のフルオーケストラをバックに加山雄三さんの名曲が聴けるという素晴らしい企画で、ゲストが3月3日がさだまさし、4日が谷村新司というから、当時からの両アーティストのファンにとっても絶対見逃せないコンサートだと思います。びっくりするのがチケット価格の安さ。 一番いいS席でさえ8000円。一番安いD席にいたっては何と3000円。でも、東京文化会館といえば、クラシックの殿堂。ここで、ポップスのコンサートをやること自体が珍しいらしい。ただ、尾崎亜美も2月22日にやるんだけど…。
10006221.jpg