再検証…なぜ、東京地検特捜部だったのか?捜査の最終目的は?

5時も過ぎた。寒い!
…それにしても、なぜ、東京地検特捜部だったのか?単に証券取引法違反容疑だけで、特捜が動くはずない。確かに容疑は固まっていた。だから…となるが、いま、ホリエモンを逮捕する意味は?「確かに鈴木宗男のように世論に押され強引ともいえる捜査で逮捕するケースはあったが、今回のように突然に動くのは他に何かあってのこと」。
しかも、逮捕者がホリエモンとナンバー2の宮内亮治、ライブドアマーケティング社長兼ライブドア取締役・岡本文人はともかく、もう1人、子会社のライブドアファイナンス社長の中村長也は一体…。中村の逮捕は何を意味しているのか?本来ならライブドア取締役で岡本と並ぶナンバー3の熊谷史人はなぜ、逮捕されなかったか?「熊谷は案外、特捜部に協力したのではないか」と見る声もあった。もちろん、憶測に過ぎないが…。
いずれにしても、中村の逮捕は何かを意味している。おそらく、金の流れだろうが…。
いずれにしても、東京地検特捜部に捕まり再起した人は少ない。というより、もはや、ホリエモンが浮上してくることはないだろう。
ところで、今回、東京証券取引所はライブドアとライブドアファイナンスの株式を「監理ポスト」に割当たが、同社をリーマンブラザーズが狙っているとの情報も。
(写真)六本木ヒルズで、警備員に状況を聞くが…。
10006019.jpg