上野・稲荷町の事務所に高須基仁氏を訪ねる。

あの“脱がせ屋プロデューサー”。見た目はヤクザっぽく、いかがわしさの漂う御仁だが、根はいい人。「もっと悪役っぽくしないとダメだよ」と注意している。こんど、本を出す。「~修羅場・土壇場を切り抜ける~危機突破の『駆け引き』術」というもの。で、1月25日に新宿のロスト・プラス・ワンで発売記念のトーク・ライブをやるらしいけど、ゲスト依頼なんかを手伝って…なんて言われた。そんな面倒なこと…と断ろうとしたら、オイシイそうなネタを振ってきた。う~ッ。ついついネタに負けてしまったのでした(>_< 。)
10005459.jpg