NHKも真っ青! エビジョンイルが横綱審議委員会の委員長に就任していた!!

これにはNHKもビックリだったろう!朝青龍の八百長問題は、所詮は単なる茶番に過ぎない話だったが、そんなことより大問題になるべきなのは、横綱審議委員会(横審)の第11代新委員長に何と、かつて「NHKのドン」「NHKのエビジョンイル」と呼ばれた海老沢勝二氏(NHK前会長)が就任したのだ。横審とは、日本相撲協会の諮問機関である。しかし、これは朝青龍の八百長以上の“出来レース”ではないか?今回の決定は、石橋義夫委員長が2期4年の委員長任期を満了したのに伴い、1月24日に横審委員の互選によって選ばれたらしい。エビジョンイルは「1人横綱は寂しいし、ライバルがいないと相撲は盛り上がらない。われわれの手元で新しい横綱を誕生させたい」と抱負を述べたという。しかし、NHKを揺るがす不正問題で退任したエビジョンイル。NHKを辞めた今も元気ハツラツである。上戸彩にオロナミンCでも貰ったのか? いや、オロナミンCを貰ったついでに、読売新聞社の「顧問」にも就任してしまった。ただ「読売新聞社の顧問なんですけど、新聞社には1度も顔を出したことがないらしいですね。要は、何もやっていない。でも、しっかり報酬は貰っています」。実に羨ましい限りである。何もしなくても1000万円以上を貰っているだろうか!?ま、僕は読売新聞は見ないから、どうでもいい話だが…。それにしても、横審の委員長である。NHKの会長は辞めたが、これからは横審の委員長としてNHKに睨みをきかせるつもりか? それにしても、NHKはこれからもエビジョンイルの呪縛から開放されることはなさそうである。

Comments are closed.