HOUND DOGの橋本と八島のプロデュースする21歳の新人バンドが沖縄で大人気!!

HOUND DOGの橋本章司と八島順一が共同でプロデュースした新人バンド“RA‐SE Sounds♪(ラースサウンズ)”が、沖縄で評判となっている。1月16日に、沖縄限定で2枚同時発売されたシングル「桜色の季節に君だけを想い君だけのために奏でる恋の詩」と「コロンブス」は、那覇市の国際通りにある大型レコード店「タワーレコード」で1、2位を独占している。
※写真=左からakio、SADA、RYOTA、ShohH
10030992.jpg
それにしても、HOUND DOGの中では“1人HOUND DOG”としてアピールしている大友康平と、“6人でHOUND DOG”を主張するメンバーの間で法廷闘争となっているが、何と、その陰に隠れて?メンバーの橋本章司と八島順一は、地道に新人アーティストを発掘し育てていた。現在、沖縄を中心に人気急上昇中の“RA‐SE Sounds♪”がそれだ。4人組バンドで平均年齢は21歳。若い!!昨年の夏、橋本が横浜で活動していた彼らを見つけたのがキッカケ。
「音楽活動をするなら、まず沖縄で成功させること。沖縄で成功すれば、全国に進出できる!」
と、橋本は持論を展開した。橋本は「ワシに任せろ!!」と、沖縄の「ジャパン・エンターテインメント・システム」と所属契約させた。同バンドは、橋本を頼り8月に活動拠点を沖縄に移し、ゼロからスタートした。橋本の指示で、彼らは合宿しながら那覇市の国際通りでストリートライブを連日行い、ファンを増やしていったという。その結果、僅か1ヶ月で彼らは沖縄県の名物バンドとなった。
※写真=RA‐SE Sounds♪をプロデュースする橋本章司
10030994.jpg
1日十数回のストリート・ライブをやり、自主制作したCDを売ってきた。僅か4ヶ月で3000枚を売り上げるほどの評判となり、地元のテレビ局「RBC」(琉球放送)も「横浜から来たバンドマン」と題したドキュメンタリーを制作し放送した。この盛り上がりの中、今度は八島順一の下、東京でレコーディングしたのが「桜色の季節に君だけを想い君だけのために奏でる恋の詩」と「コロンブス」の2枚のシングルだった。沖縄からはORANGE RANGEやHY、モンゴル800など、数々のロックバンドが生まれているが、RA‐SE Sounds♪にも期待が高まっている。それにしても、発売に合わせて那覇市内のライブハウスで行ったコンサートには500人が殺到した。CDも売れている。この世の中、全て結果である。そういった意味で、HOUND DOGのメンバーが自立していくことはいいことだ。因みに、“RA‐SE Sounds♪(ラースサウンズ)”は、ライブの中でHOUND DOGの名曲「ポップコーン」や「ラスト・シーン」なんかも歌っている。これが、ファンの間でなかなかの評判なのだ。2月14日にも、沖縄・国際通りの「club café air」でライブが行われる。
※写真=僅か半年で沖縄で大人気になったRA‐SE Sounds♪
10030993.jpg