これも何かの縁か!? 06年・年の瀬の初顔合わせ!! KISAKIと新宿.歌舞伎町で遭遇!!

世の中には偶然と言うものがあるものだ。東京は新宿・歌舞伎町。未練がましく居残る学生や、忘年会帰りのオッサンやOLが乱れている。景気は回復していると言っても来年以降、大増税が待っているというのに…。そう思いながら、居酒屋に入ったところで…。「ヘッドロックじゃないですか?」「ヘッドロック?」思わぬところで、誰かに声をかけられるとドキッとする。これも、普段の行いなのか? 声をかけてきたのは何と、松浦忠史経営者こと「KISAKI」であった。「KISAKIです」。「木崎」と言われて、思い当たるのは、かつて「夜のヒットスタジオ」なんかを担当し、今でも音楽業界の黒幕で暗躍し続けている放送作家「木崎徹」しか知らない。「KISAKI?」そう言われて、よく見ると、何と、同じholiday blog「地下線神言基地」 のKISAKIでは…。「あなたが、あの有名なKISAKIさんですか」。ついつい「あの有名な…」なんて言ってしまったが、そう、KISAKIは、今や「全国区」の知名度なのである。因みに説明しておくと、KISAKIは、つい先日(12月22日)、脱税の疑いで和歌山地検によって在宅起訴されたのだ。もともと脱税の疑いで大阪国税局に告発されていたらしい。詳しいことは分からないが、KISAKIは、ライブ活動やCD販売による収入を家族名義の銀行口座に入れて申告せず、05年までの3年間で約1億5000万円の所得を隠し、約4600万円を脱税したらしい。でも、ハッキリ言って、ここまでの所得隠しなんてなかなか出来ることじゃない。なかなかの大物じゃん!! 「いや、ちゃんと修正申告してますよ。今は全く不正はしていません。税金はちゃんと支払いました」。確かに、ブログを見たけど「今回の件につきまして摘発以降、反省し誠意を持って対応しています。無知だったとはいえ、社会勉強を甘んじていた自分自身に深く反省し、現在は周りの関係者のみなさんの協力の元、所属バンド、スタッフ一同努力し頑張っていこうと強く思っています。現在、税理士をつけ税務関係はもちろん他の業務も一から徹底的に見直し責任を持って取り組んでいます」。と言っている。まあ、見た感じでも、正直言って、税金のことなんて分かっちゃいない感じだった。新聞とかでは「松浦忠史経営者」なんて書いてあったけど、ぶっちゃけKISAKIは、経営者なんて風情じゃない。そんなもの、インチキ行政改革担当相だったペテン師・佐田玄一郎に比べたらカワイイもの。だったら、極悪人のホリエモン、その他、インチキ結婚式場経営者の野尻佳孝とかサイバー・エージェントの藤田晋、ピーチ・ジョンの野口美佳なんか、明らかに税金のチョロマカシをしているはず。中でも、守銭奴・秋元康なんていうのは確実にクロだろ! それに、売国奴学者の竹中平蔵なんかも胡散臭い。国税局はもっと大口を調べろ!!しかし、そんなことよりKISAKIのブログ「地下線神言基地」 はアクセス数が多い。こりゃ脱税なんかじゃなくって独占禁止法違反だろう! それにしても、ブログを始めて1年目。06年の暮れになんて、KISAKIと会えたのも何かの縁かもしれない!!しかし、確かに彼は商売上手な部分はある。まんまとKISAKIのプロモーションをする羽目になってしまった。
10029157.jpg
※3週間連続リリース決定
●CD+DVD2枚組「Vain」=07.2.14発売
●NEW LIVE DVD「Black-Veil Before Christmas」=07.2.21発売
●NEW DVD CLIPS「幻影像5~under the veil~」=07.2.28発売
※東名阪STANDING ONEMAN TOUR2007「at the end of the rest period…」
大阪=2.18(日) 難波HATCH
名古屋=2.22(木) 名古屋ElectricLadyLand
東京=2.23(金) 渋谷AX