1年延期で芸能人ランナーが続々と辞退も…「東京五輪」開催に向けての聖火リレーがスタート!

東京五輪開催の是非が二分している。
独米のPRコンサルティング会社「Kekst―CNC」が日米欧6ヵ国で実施した新型コロナウイルス調査によると、4ヶ月後に迫った東京五輪の開催を「反対」する回答が56%もあったと言うのである。しかも、反対の回答が最も多かったのは開催国・日本で56%。続いて英国55%、ドイツ52%、スウェーデン46%、フランス37%。
因みに、米国は賛否が33%だったと言う。
コロナ禍で、もはや開催の可否はワクチン接種に頼る部分が多分にあると思われるが、その接種に対しても日本は「する」「したい」と回答した人が64%と低い水準だ。
結局は、どんなに対策しようとも五輪開催によって感染拡大しかねないと不安を抱く国民が多い。しかし、政府、東京都、大会組織委員会は、あくまで開催を優先させているのが現在の状況だ。
そう言った中で、東京五輪開催の、いわば〝前哨戦〟とも言うべきイベントとなるのが3月25日にスタートする〝聖火リレー〟だ。週刊誌記者が言う。
「現在発令中の緊急事態宣言は中途半端に21日まで延ばしていましたが、今になってみたら単に聖火リレーまでに感染拡大を抑え込もうとしただけの策だったように思います。しかし、感染者は下げ止まり気味で当初の思惑通りには行かず、何だかんだと理由をつけて解除する格好となりました」。
ところが、その東京五輪への機運を高めるはずだった聖火リレーに対して思わぬケチがつき始めている。
「各地で走ることになっていたタレントなど著名人ランナーが続々と辞退を申し出ているんです」(芸能関係者)

○田村淳は森喜朗元会長の発言に抗議しての辞退

ざっと主な辞退者を挙げると、愛知県犬山市を走る予定だったロンドンブーツ1号2号の田村淳、福井県内を走る予定だった演歌歌手の五木ひろし、福島市南相馬市を走る予定だった俳優の斉藤工。その他にも女優の常盤貴子(石川県七尾市)、シンガーソングライターの阿部真央(大分市内)、女優の玉城ティナ(沖縄県浦添市)、さらには福島県内を走る予定だった人気アイドル・グループのTOKIO(南相馬市)や窪田正孝(福島市)など次々に辞退を明らかにした。
「辞退と言っても、その理由、事情は様々です。田村淳に関しては、五輪組織委員会の会長だった森喜朗氏が『有名人は田んぼを走ればいい』などと発言をしたことに対して抗議の意味を込めての辞退だったこともあって、やや際立っていましたが、田村以外は、基本的に聖火リレーが1年延期されたことによってスケジュールが合わなくなったことを理由に挙げています。ですからメディアの伝え方に問題があるのです。確かに森前会長の女性蔑視発言が大きな問題になりましたが、必ずしも、不適切な発言を問題にして辞退というわけではないのです。ま、メディア的にはインパクト的にも、森氏の発言に関連づけたかったのでしょうけど、いくらタイミングが合ったとは言え全てを結びつけてしまうのは、さすがに無理がありますよ」(プロダクション幹部)。

       ○常盤貴子など…リレー日程の延期で辞退者続出

実際、常盤貴子は昨年9月に新しいリレー日程が発表された段階で辞退の申し出をしたと言うし、それはTOKIOや窪田正孝らも同じで「昨年の暮れから辞退を申し入れていた」。結局は、その申し入れを受けていた各自治体が発表を控えていたこともあって、今回の問題に発展したようだ。
「辞退者が一気に集中したのは、どうやら五輪の大会組織委員会から公表については2月26日以降にするようにと通達があったそうですが、そもそも国から感染予防対策のガイドラインが示されたのも2月ですからね。しかも、ランナーには2週間前から外出を避けるなどの制約、それに体調管理が求められていました。スケジュール調整が困難なタレントにそんな対応を求めること自体に無理を感じましたね」(芸能関係者)
しかし、そう言った中でもTOKIOの辞退は、やはりインパクトの大きさが違っていた。前出の芸能関係者が言う。
「TOKIOの辞退については昨年12月にジャニーズ事務所側から申し入れがあったようですが、彼らの場合は、他のランナーとは立場が全く違いますからね。東日本大震災以降、長年に亘って福島に通い続け、県の物産などをPRするなど福島県民にとっては馴染みが深かったわけですからね、そう言った意味でも今回の辞退には衝撃も大きく、県民の間からは残念がる声が多かったことは確かです。とにかく建前上でも今回の東京五輪は〝復興五輪〟とも言っているわけですから、辞退の理由はどうであれ、無理してでもスケジュールの調整が出来なかったのかという思いは残りますね」。
しかし、その一方では、島根県の丸山達也知事のように、
  「我慢してオリンピックを受け入れるのが国民の声とは県民に言えない」
などと、聖火リレーそのものを県として中止することを表明したが、この意見には同調する知事もいた。

    ○辞退者の中で走りたい著名人が名乗り上げる

だが、辞退者がいる一方で走りたい人も多い。
被災地である福島県の聖火ランナーは25日から27日の3日間に26市町村265区間(51・71キロ)を巡る予定になっているが、第一走者を「なでしこジャパン」の澤穂希が務めることになった。その出発式は福島のサッカー施設「Jヴィレッジ」で行われる。
その他にも著名人のランナーとして音楽ユニット「Foorin(フーリン)」のひゅうが相馬市、女優の菊池桃子が福島市を、さらに箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた柏原竜二選手と男子マラソンの藤田敦史選手が白河市。また、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代がいわき市、元バレーボール選手の大林素子が会津若松市を走行することになった。
その他でも、お笑いコンビのオリエンタルラジオの藤森慎吾は、自身のツイッターで「藤森、地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」と呟き、さらに「諏訪市の田んぼ道を走れるといいな!」と、田村の辞退をイヤミで返していた。
やはりお笑いコンビ、ロッチの中岡創一の場合である。インスタグラムで「聖火ランナーのキャンセルでお困りの皆さん 中岡仕上がっています」なんて聖火ランナーの空き枠に立候補していた。
それだけではない。石川県では常盤貴子の代わりとして6月1日に女優の若村麻由美が七尾市の最終区間を務めることも決まった。このように続々と〝代役〟は決まっているのだが…。

    ○タレントや著名人に頼る盛り上げ方に問題が…

「結局は、タレントなど著名人を起用することばかり考えていること自体が問題なんですよ。確かに東京五輪を盛り上げたい気持ちも分からないわけではないのですが、コロナ禍での聖火リレーになるわけですから、その時点で人寄せパンダ的な著名人というのは極力控えるべきなのです。そもそも一般市民の間では走りたい人が多いはずですからね」(週刊誌の芸能記者)。
それにしても、緊急事態宣言解除を目前にした17日の東京都の感染者は409人だった。また、宮城県では過去最高の107人となった。
辞退者続出だけなら、その一方で走りたい人も多い聖火リレーだが、感染拡大は開催に向けての本質的な問題である。これまでを振り返っても何かとトラブル続きの東京五輪だけに、今回は無事に聖火リレーが完走出来るのかが気になるばかりだ。

前代未聞! 静岡新聞・静岡放送のオーナー社長が自局の女子アナとW不倫疑惑、恥さらしその顛末!!

img_4658.jpg
「社としてのコンプライアンスへの取り組みが不十分だったなどとコメントを出しましたが、放送局と新聞社を束ねる社長が不倫で辞任なんて前代未聞です。正直言って恥さらしもいいところです」
そう言って嘆くのはSBS静岡放送の社員だ。
東北新社と電波行政を所管する総務省の不適切な接待問題が世間を騒がせている中、静岡県を代表する静岡新聞・SBS静岡放送の〝オーナー社長〟大石剛氏と同局の原田亜弥子アナウンサーとのダブル不倫疑惑が発覚し大騒動が巻き起こっている。
「さすがにテレビ各局は扱いに苦慮しているようですが、ネットでは〝卓球少女〟愛ちゃんこと福原愛の不倫疑惑より熱いニュースになっています。しかし、今回の騒動は放送業界をも揺るがす問題に発展しかねません」(放送記者)
この不倫疑惑は、5日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じたものだが早速、視聴者はもちろん地元スポンサーからも反発が局に相次ぎ、その日のうちに大石氏は「社長辞任」に追い込まれる事態へと発展してしまった。
「FRIDAY」によると、不倫現場での直撃取材に大石氏は
「俺、田舎の人間だぞ!田舎の人間追っかけて何が楽しいんだよ」
「女性と2人で歩いてて、腰に手を回すとか手をつなぐとかぐらいあるでしょ?セクハラって嫌な人にされるからセクハラになるんであって、僕が他の女性社員の腰に手を回しても、嫌じゃない人もいるわけですよ」。
さらに、原田アナを帰した後、取材記者を居酒屋に誘い込み、そこではハイボールをあおりながら2時間に渡って持論を繰り返したそうで…
「毎週違う女と遊んでいるんだから…」
と、自身のモテ自慢まで披露したと言う。
地元のテレビ局の幹部は苦笑いしながら言う。
「大石さんの勘違いぶりは地元の局でも有名でしたね。昼間から酒は飲んでいることもあったようですし…。だいたい40代で放送局と新聞社を牛耳っている。それもオーナーですからね。そりゃ逆らう人間なんて社内では皆無だったんじゃないでしょうか。『女性社員の腰に手を回しても嫌じゃない人もいる』って、それ言っちゃダメでしょ。ハッキリ言って、これは森喜朗会長の女性蔑視発言なんかより大問題です。もっとも社内には大石さんのパワハラに嘆く人が多かったようですけどね」
と言う一方で
「ここ数年、静岡放送は視聴率的にも低迷しているし、新聞も含め売り上げは大きく減少していますよ。本来なら深刻な状況だとは思うのですが、そこは新聞社とテレビ・ラジオ局を持つ県内唯一の放送局ですからね。当然ながら内部留保も多いわけです。基本的に苦労もせずに若くして社長になったボンボンですから、やりたい放題なところはあったように思いますね」。
静岡県内には、フジテレビ系列のテレビ静岡、日本テレビ系列の静岡第一テレビ、テレビ朝日系列の静岡朝日テレビがあるが、静岡放送はTBS系列のテレビ局として、県内で最初に開局した(1952年)。
「社の中核は静岡新聞です。県内では60%近くを独占していて、地方紙としては全国でもトップクラスの発行部数(公称では55万部)を誇っています。特に朝刊紙と夕刊紙の部数がほとんど変わらないのが特異とされています。とにかく読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、さらには中日新聞などが束になっても敵わない、いわば独占的なメディアになっています。そう言った背景の中で、さらにテレビとラジオと言う2媒体まで持った県内唯一の放送局として君臨しているわけですから、名実共に〝静岡県のメディア王〟と言っても過言ではないのです」(地元商工会関係者)
静岡新聞・SBS 静岡放送は初代社長だった大石光之助氏以来、大石一族によって経営されてきた。で、大石剛氏は3代目で創業者・光之助氏の孫。
安倍晋三前総理と同じ成蹊大学を卒業後に大手広告代理店の電通に入社、新聞局の配属となり6年勤めた後に静岡新聞・SBS静岡放送に入った。その後は中枢の新聞社編集局長などを歴任し、2009年に静岡新聞社取締役となり、11年に常務、その翌年12年に静岡新聞・SBS静岡放送社長に就任した。つまりタイプ的には放送というよりも新聞上がりのボンボン社長ということなる。そう言った部分にコンプレックスもあったのかもしれない。
「放送業界の華やかかに憧れのようなものを抱いていた可能性はあります。ですから、大石さんの『田舎の人間』と言うのは案外、本音だったかもしれませんよ。しかも、オーナー社長ですから余計にタチが悪い。まだ51歳と若いのですがタイプ的には田舎の昔ながらのオヤジですよ。ですから『俺の会社だぞ。女性社員と仲良くして何が悪い』っていうことでしょうけど、実は女子アナ好きだったのかもしれませんね。ま、ヤリ手のワンマン社長だったようですが、大石さんの場合は、それが『何をやろうとも俺の自由だろう』と言う考えになってしまいますからね。今回ははからずしも不倫疑惑でクローズアップされることになってしまいましたが、メディアを私物化している部分もあります。ですが放送は公共の電波で免許事業ですからね。そう言った意味でも彼のような人間が放送局のトップにいること自体が問題です。特に、地方局には、こういった事例が多い。ただ、静岡放送の場合はTBS(JNN)系列の中でも東北放送、山陽放送、中国放送に次ぐ準キー局です。ですから、今回のことをキッカケに総務省も都合の良い接待ばかり受けていないで、地方局の放送行政も目を向けて徹底的にチェックすべきなんです」(放送関係者)。
それにしても、大石氏も妻子がいるし、原田アナも夫と娘がいる身である。しかも原田アナの娘は6歳で「パワフルなママキャラ」がウリだったそうだ。公表されているプロフィールによると趣味は「子供と遊ぶこと」。地元視聴者からは「プロフィールに偽りあり」なんて声もあったそうだが、さすがにイメージギャップは激しい。
しかも、今回の不倫騒動のネタ元は局内だとも言われている。
「原田アナは、契約アナウンサーから社員登録されたと言います。それが、この3月の人事で副部長の昇格していたんです。さすがに、この人事には社内からも疑問の声が上がっていたようですね。そういった内部での不満が、あるいは情報のリークに結びついたのではないかと言われています。もっとも、大石さんと原田アナの関係は社内でも有名だったようですけど…」(地元テレビ局社員)
大石氏は、今回の報道に対してサイトを通じて「この度は私の軽率な行動でお騒がせをし申し訳ございません」としながらも「報道されたような不適切な関係は一切ありません」と、不倫関係を否定していたが、社としては「社長は辞任する意向」と伝えていた。
さらに、社の見解では「ご批判を厳粛に受け止めております」とし「今後このようなことがないよう一丸となって取り組んでまいります」としているが、今回の不倫疑惑の記事が出る前に、社内では「問い合わせに対する対応マニアル」なるものまで準備されていたと言う。
しかも、今回の騒動で大石氏が社長を退任するのはSBS静岡放送の方だけで、静岡新聞社については続投する意向だというだけに、正直言って報道機関としてのコンプライアンスは疑うばかりだ。
なお、原田アナは現在、平日の情報番組「Soleいいね!」(月~金曜前9・55)で月・火曜パーソナリティー、土曜の生ラジオ「満開ラジオ樹根爛漫」(土曜後1・00)を担当。さらにローカル情報番組「静岡発そこ知り」(水曜後7・00)を担当しているが、同社では「当面、番組に出演しない」ことを決めた。
「さすがに今後の復帰は難しいでしょう。しかも県内では顔も知られているので、家族を含め今後の生活が苦労すると思いますね」(前出・放送記者)
いずれにしても、今回の騒動を引き起こした大石氏の責任は重大だ。