尾崎豊以降、音楽業界からスーパーヒーローが出ていない!富澤一誠氏著書「音楽でメシが食えるか?」

 音楽評論家で尚美学園大学副学長を務める富澤一誠氏が、単行本「音楽でメシが食えるか?富澤一誠の根源的『音楽マーケッティング論』」(言視舎)を発刊した。「一寸先は闇」状態のコロナ感染列島の中でライブ・エンターテインメントは大打撃を受けた。

 富澤氏は、単行本発行について「私の『公約』をまとめたもの。71年、20歳の時に音楽評論家としてスタートして49年、この目で見て、この耳で聞き、そして、この心で感じたことを〝音楽のスポークスマン〟として伝えたかった。その集大成として、音楽業界という船に長く乗せていただいている私に今見えている光景を書かせていただいた」と言う。

 CDセールスが伸び悩む中で、今回のコロナ禍で音楽業界はかつてない苦悩に陥っている。そう言った中で、「売れなくなった」要因を多角的に分析しつつ「現在のピンチをチャンスに変える方策を提言しています。コロナ禍の今こそ音楽パワーが求められている」と訴えている。

 その上で、富澤氏のホンネとして「本当の意味でのスーパースター、スーパーヒーローと言うのは尾崎豊以降、出ていないと思うんです。米津玄師もあいみょんもスーパースターではない。売れているだけじゃダメなんですよ。やっぱりユーミン、中島みゆき、吉田拓郎、井上陽水じゃないと。革命的と言うことですよ。さらに言えば、今の音楽シーンで活躍している人の中からは将来のスーパースター、スーパーヒーローは出ない、と言うのが私の見立てです」と綴っている。

 富澤氏へのインタビュー取材を行なっているノンフィクション作家で放送作家の辻堂真里氏との共著。価格は1500円(税別)。

 img_0365.JPG 

 

コロナ・ショック!〝三蜜〟は避けられず大晦日恒例「第71回NHK紅白歌合戦」がピンチ!

 「緊急事態宣言」が解除され1ヶ月が過ぎた。徐々に社会や経済が動き始めてきているが、感染者は連日50人超え。一説には都知事選後は一気に「100人を超える」なんて情報も。そう言った中で早くも開催が危惧されているのが「紅白」だ。まだ、半年以上も先の話で「気が早い」という声もあるが、放送関係者の間では「新型コロナウイルスは未だワクチンもない状況です。しかも秋には第2波、第3波の感染拡大が予想されています。コンサートや舞台、イベントでもソーシャルディスタンスが求められているわけですからね。いくら年末の恒例イベントだからといっても、さすがに拳を振り上げられないでしょう」と言う声も上がり始めている。
「紅白」は東京・渋谷のNHKホールで催されているが、バックステージは、まさに密閉、密集、密接の「3密」状態。しかも、4時間以上もの生番組である。現場は時間に追われているために怒号も巻き起こっており、想像しただけでも感染拡大の「危険地帯」であることは確かだ。
「紅白の場合は出場歌手以外に演奏のバンドやダンサーやコーラス、応援で盛り上げる出演者、さらにはプロダクションやレコード会社、番組に関わっているスタッフなどを合わせれば数千人がいます。しかも大勢が足の踏み場もないほどの通路を走り回っています。聞くところによると、会場の入場者(およそ3500人)以上がバックステージで動き回っているそうで、いくら人の出入りを制限したり、整理すると言っても、こればかりは解決出来ないのではないでしょうか」(芸能関係者)

○担当プロデューサーも決まり開催に向け本格的始動

そんな状況もあってか、一部女性誌は「中止か無観客開催の2択が迫られている」と報じた。しかし、NHKに中止と言う選択肢はないと言うのが大方の見方だ。観客を入れるか無観客にするかも、その時の状況にもよるだろう。
「すでに、担当には一坊寺剛プロデューサーも決まり、本格的に動いていますからね」と話すのは、NHK関係者。
「前回は、エンターテインメント番組部で東京五輪関連番組を担当していた加藤英明プロデューサーが兼務する形でしたが、今回は、人気バラエティー番組『ブラタモリ』を担当する若手のプロデューサー。まだ44歳ですが、部内では仕事の出来る人間と評価されており、音楽のジャンルでは演歌、歌謡曲系が強いようです。もっとも前回もそうでしたが最終的には同部が総力を挙げて取り組むことになります」。
無観客での開催にするかどうかは柔軟に対処できる。あるいは、今回だけは「特例」の措置として、NHKホールを中心に放送センター内の各スタジオに分散して放送することも可能だ。いわゆる「3密」を解消させるためには、その方法も十分に考えられる。
ある民放の音楽番組制作スタッフは
「生放送の『うたコン』も、6月9日の放送からNHKホールから放送になりました。3月31日以来、実に70日ぶりになりますが、それまで歌手はリモート出演し過去の映像を織り交ぜながら続けてきました。そういったこともあって一部には紅白も〝リモート開催〟を検討しているとの報道もありますが、おそらく、『うたコン』のスタイルが『紅白』の前提スタイルになると思う」とした上で
「『紅白』は他局のこととは言え、放送業界にとって特別な番組です。NHKとしても最低限の華やかさは演出すると思いますよ。むしろ今回は期待の方が大きいかもしれませんね」。
では、実際はどのようなスタイルになるのだろうか?

○〝夏の紅白〟「第52回思い出のメロディー」は放送中止

これまで、紅白のパイロイット版的な要素を含んでいた〝夏の風物詩〟〝夏の紅白〟と言われる「思い出のメロディー」があった。ところが、今年の52回目は放送がない。
関係者によると「今年は東京五輪を放送する予定だった」ようだが、実際には「緊急事態宣言が解除されたとは言え、以前のように再開することはできない」のだとか。
そうなると今年の紅白は、事前に学ぶものがなく、ある意味でぶっつけ本番の放送形態になる。一方で、コロナに関連した問題とは違った懸念もある。
視聴率を振り返ってみると、昨年の紅白は、大河ドラマ「いだてん」と並んでワースト記録を更新してしまった。
ビデオリサーチによると関東地区の前半の第1部(午後7時15分~8時55分)が34.7%で、後半の第2部(午後9時~11時45分)は37.3%だった。一昨年に比較して1部は3ポイント、2部に至っては3.8ポイントものダウンとなったのだ。
「世界のテレビ番組でも最も長寿となった紅白の70回目が、ワースト記録になったわけですからね、過去を紐解いていても、2004年の第55回が39.3%で最も低く、その後も06年、07年、15年、そして17年と4回の39%台があったものの、39%のボーダーラインを割るようなことは過去にはなかった。それがいきなりの37,3%。局内では少なくても38〜39%の潜在的視聴率があると言われていたようなので、この衝撃的な数字には、さすがに制作スタッフも青ざめたようです」(放送関係者)。

○ヒット曲がない…テレビ視聴をYouTubeが超える

懸念を抱いているのはそれだけではない。コロナ問題以上にNHKの担当者が頭を抱えそうなのは出場歌手である。とにかく今年は例年以上にヒット曲、代表する曲がないのである。
「令和に入ってから誰もが知っているヒット曲がない。コロナ問題もあって、新曲の発売延期が相次いだこともあって、誰が何を歌っているのかも分からない状態です。一つにはカラオケが自粛対象となっていたことも大きいかもしれません。また、サブスクリプション(定額制)配信では80年代のヒット曲が多く聴かれていると言います。ここに来てテレビよりもYouTubeの視聴時間の方が上回ったということもあり、NHKにとっても悩ましい限りではないでしょうか。そんな状態の中で、短絡的にYouTubeで話題になったものを紅白で取り上げたとしても、そもそも意味のないことですからね」(音楽関係者)
例年、紅白では、出場者とは別枠(特別枠)での出場者が話題になる。
昨年は竹内まりやが目玉で出演、さらにビートたけしが「東京キッド」を歌い、没30年を迎えた美空ひばりさんをA Iで復活させた企画まであった。
これには音楽関係者からも「視聴者ターゲットが全く絞れきれないのではないか」なんて言われる始末だった。
もはや「歌は世につれ世は歌につれ」なんて言葉は死語になってしまった。
今回のコロナ問題でエンターテイメントそのものが「不要不急」のものになってしまったことに嘆く業界関係者の声もある。感染拡大を予防するための「新しい生活様式」が求められている中で、いよいよ紅白にも新しい開催様式が求められているのかもしれない。

恒例の誕生会も自粛!百戦錬磨の吉川銀二もコロナ禍の「三蜜」は厳守!?

何歳になっても誕生日は祝って欲しいものらしいが、流石に、今年は「無理」だった。

百戦錬磨の吉川銀二も「三蜜」は厳守らしい。実年齢は不明だが「今年は控えた方がいいだろう」と、らしくない。

「人生なんて何が起こるかわからない。人生なんて上り坂もあれば下り坂もある。それに、魔坂ってのもあるだろうからな」。

へー、まさか人生論を聞くとは思わなかったが、かつて…。

もう何十年も前は高校生の時もあったわけで、YouTubeでも探せるらしいが、それは実に懐かしい限りのものだった。


そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ、

 あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ…


そんな時代だったのかもしれないね。

それにしても、一体、どれが銀ちゃんだ?

ま、とは思っても一人目立つ真ん中あたりにいるんだろうけど…

 

image3.jpeg

image1.jpeg

image2.jpeg

image4.jpeg